14589424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

erica イオンレイク… New! クルマでEco!さん

魔法のワンピース>… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「パッセン… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

刑事ヴァランダー … New! はまゆう315さん

冬ドラマ視聴率一覧(… ショコラ425さん

ばらかもん Act.112… みやさとver.さん

早口言葉 俵のねずみさん

あなたは今、幸せで… 鹿児島UFOさん

ふすまいれてみまし… えびねえさん

ニューストピックス

2009年07月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『娘が心配なんだ』

内容
“恋の園”という、新作を発表した恋愛小説家の伊崎龍之介(舘ひろし)
“恋愛のカリスマ”と呼ばれる龍之介は、女性たちに大人気。
が、、そんな男にも、人には言えぬ悩みがあった。
そのことで、セラピストの葉山修二(佐藤二朗)のもとに通う毎日。

実は、一人娘のあかり(南沢奈央)が、高校に入学したのだった!!
昨年まで女子校だったのに、今年からは男女共学!!
まさか。。。まさか、、、まさか!?、、、娘が恋をするかも!!

ある日のこと、部活で帰りが遅くなったあかり。
編集者の三嶋貴和子(余貴美子)には、不安を見せない龍之介であったが、。
が!、同級生の小早川悠樹(石黒英雄)に送ってきてもらって、衝撃を受ける!
恋人???まさか!
“男は恋をしてなんぼ”と言う龍之介であったが、心ここにあらず。
心配でたまらない、龍之介。


また、ある日。
TVの生放送でライバルの文芸評論家・佐々木泰三(鹿賀丈史)に対し、
偉そうに自由恋愛を語った龍之介であったが、
放送後、編集者の堂島寛(八嶋智人)から、
茶髪でピアスの男と一緒にいたと聞き衝撃を受ける龍之介。
友人の松原朋香(林丹丹)と映画に行っていたはずなのに!?
あかりに話を聞いても、食事にまで!?いったい、誰なんだ???
映画には行ったと言うが、、本当なのか??と、友香ちゃん家に電話する龍之介。
翌日、どうしようもなく、心配になった龍之介は、
下校時感に、校門前で待ち伏せると。。。。。茶髪でピアスの男と一緒!!
その日の夜。。。誰かとケータイで話をしている...こそこそと!

どうにもたまらなくなった龍之介は、。。。

翌朝、登校前、ケータイが見あたらないと大騒ぎのあかり。
知らないという龍之介であったが、書斎に確保してあった龍之介
見るべきか、見ざるべきか悩んだあげく、、娘のケータイを見る。
と、、、“R”の文字が並ぶ。。。。
気がつくと、リダイアルしてしまっていた!!!
。。。。どこかで着信音。。。。
“R”は、龍之介のケータイだった!

心配でたまらない龍之介は、先日知り合ったばかりのコバちゃんこと小早川に
娘・あかりを見張ってくれと。。。。。。メアド交換。
自分も男だというコバちゃんに、
“オッケー、オッケー、キミはまだ恋愛したことがないんだろ”

すると。..コバちゃんから連絡が入る。
なんと、遊園地の観覧車に、あかりが、男と一緒!?

が、、、その男・山本浩輔は。。。。。。



あまりのウザサに家を出て、
おばあちゃんの坂本サチ(野際陽子)のところへ行ったあかり。。。。


敬称略



公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/dandy/



親って、子どものことを心配するのが仕事って思ってるところがあるだろ

と、途中でコバちゃんが言っていましたが、

恋愛のカリスマであるはずの父も、、、娘のことでは“ただの父”


“恋する娘を心配するあまり
 器の小さな行動を繰り返す、あわれな父親の物語”


そんな、ウザパパの物語のようである。


まぁ、明らかに“どこか...2年ほど前”に他局で見たドラマと
かなりかぶっている部分はあるのだが、

恋愛のカリスマ、、などと言いうことで、
そのキャラに、大きなギャップを生み出しているのであろう。

表の顔と、裏の顔。。。いや、、
外面と、、娘への顔は、違うと言う事。

それを、
若干、ドタバタコメディっぽい感じで描きながら、
少し“良い感じの家族ドラマ”を、生み出しているようだ。


“親は、いつだって、子どものことばかり考えているんだ。
 心配で、仕方がないんだ。
 そんなことも分からないヤツが、恋愛なんかするんじゃない”

とまぁ、ライバルを利用したりして。。。。

結局、この手のドラマって、

“どこまで、キャラのウザサに、耐えることが出来るか?”

と言うところなんですけどね。



今回だけ見れば、
先が見えていても、分かり易く、、、、ウザイだけじゃなく、熱さもあり、
そして、人情味も。。。

“その時が来たら、紹介するから”

と、意外と良い感じでオチで。。。。。。


ベタベタですが、ま、、、いいかな。これくらいなら。
後は、俳優さんも含めて、好みでしょうね。




どうしても気になったのは、
なんのために、娘が父に電話をしていたのか?ですけどね。

意味が分からないまま、、、、

っていうか、
考えてみれば、『お父さん』であって、『ダディ』では、ないんですよね。

そんなことも少し、気になります。







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年07月09日 21時57分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.