14606635 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (3月… New! BROOKさん

花宵道中 New! はまゆう315さん

桜を見つけました New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SEIKO MATSUDA ~SE… New! クルマでEco!さん

鬼灯の冷徹 遅くな… New! みやさとver.さん

水増し大作戦>『べ… New! ひじゅにさん

ココロ旅京都巡礼音… 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率順位… ショコラ425さん

侍が無料で見れるデー YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2009年07月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『大人気!ワケありタラコに(秘)ワケあり』

内容
“ワケありタラコ”を南極アイス(名取裕子)が紹介したところ、
コールセンターには注文が殺到し、おどろく都倉(小泉孝太郎)。
そして、そのまま限定数500が、即完売してしまう。
アイスは、限定数が少なすぎることに、会議で不満を述べるのだが。。。。

そんななか、近藤渚(滝沢沙織)が、都倉の元にやってくる。
執拗なクレームが来ているというのだった。
すぐさま“相談窓口”に向かうと、すでに青山響子(ミムラ)が応対。
その若い女性からのクレームを真摯に対応するのだった。

翌日。“ワケありフェスティバル”として、
チョコ、煎餅、Tシャツと、、ワケありばかりを販売するアイス。
会議でのアイスの要求が通ったためだった。
そして、、追加で1000パック“タラコ”を用意したと。発表!

すると、コールセンターは、パンク寸前になり、
都倉たち“相談窓口”も、酒巻センター長(松重豊)の命令で、受注へ。。
と、、。青山は、再び同じ女性からクレームを受ける。
その“レッコ”という言葉に引っ掛かりを感じる青山。

一方で、アイスのご機嫌取りをするために、都倉はレポートを持ち
東京に向かおうとするのだが、、、、そこに、再びクレーム電話。

レポートで、酷評されていた“窓口”のメンバーから、
対応するよう命じられた都倉。。。。マニュアルどおりに3分で対応すると宣言。

若い女性と話を始めるのだが、自分の名前さえ名乗らない。
そのうえ、ワケあり商品を辞めろと言う。。。
なにかを感じた、青山達は、電話で誰かに呼ばれていた“初江”という
相手の女性を調べはじめるが、分からない。。。
だが、都倉は、初江が話す漁師言葉から、ひとつの推測をする。

もしかしたら、、ワケありタラコを作っている“北野水産”では??

すると、口ごもる北野初江(尾高杏奈)。。。。
青山は、ワケありタラコの追加注文に“カラクリ”を感じ始める。

都倉も、どうしても気になり始め、単独で北海道に飛ぶのだった。
そして、ようやく“カラクリ”の意味を知った都倉。
“ワザと雑に扱って”、、、ワケありを作り出していた。
その事で社長の父・勝と、姉・瑞江そして、、従業員達トラブルが発生!

と、そこに、出荷が滞っていることからアイスから電話があり。。。。


敬称略






“ワケナシなんて、イマドキはやらないとおっしゃいましたか?
 そういう人に限って、ついこの間までは、
 キュウリは曲がってちゃダメだとか、
 粒がそろったタラコじゃなきゃダメだと か
 言っていたはずです。
 そうやって、売れ残ってしまうのもが、ワケあり商品として
 無駄にならないのは良いことです。
 業者も助かって地球にも優しい。
 でも一端、風向きが変わるとみんな一斉にワケあり商品に走る。
 そういうアホな風潮だから農家の人も漁師の人も振り回され
 アホなことを強いられる。
 アホがアホを呼ぶ、アホのスパイラルです
 先ず、消費者が、
 もっと見る目を養って、もっと賢くならなければいけません”



そういうことである。


直前には、都倉が、

“ここの人たちは、こころの中で、泣いてるんですよ
 プロの人たちが、箱詰めしているから、崩れたタラコは出ない
 みんな誇りを持っているんです。
 タラコを傷つけるのは、みんなの誇りに傷をつけるのと同じです”

と、、、良い感じの流れです。

少し気になったのは、“ワケ”に気付いた青山が、
最終的に、目立ったことかな。。。。現地に行ってるワケじゃないのにね(笑)


ということで

“北野水産のおばちゃん達が、なるべくキレイにつめたけど
 たまに失敗したのも一緒に入っている
 ワケありワケなし、仲良しタラコ”

と、、転んでもただでは起きない南極アイス


結構、キレイに流れていますし、
“タンカ”も
それぞれに、印象深くて、かなりいい感じだったと思います。

いや、
それ以前に、

前回のように“犯罪”を、“ネタ”にされて
モヤモヤした気持ちになるよりも


こういった“裏”を魅せている感じの物語の方が、
たとえ、全てが本当でなくても、真実味があり、オモシロ味が生まれますよね。

逆に、前回は、人物紹介をメインにしていたため、
単純に解決するには、犯罪がやりやすかったということなんでしょうけどね。

でも、
今回のようなネタの方が、シックリ来るし、
面白いですよね。

このニオイ、、、雰囲気こそが、
“中園ミホさん”のドラマという感じですよね。


ま、、、
。。。今回から。。。というところかな。


これまでの感想
第1話





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年07月10日 22時08分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.