20742557 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

孤独のグルメ7「埼… New! はまゆう315さん

皆さま、笑って「免疫… New! 鹿児島UFOさん

【エール】第2週(4/6… New! ショコラ425さん

シングルスタンドPRO… New! 俵のねずみさん

香取慎吾 NHK SONGS クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2009年07月18日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
自然に囲まれた小さな町ミチーナに到着したサトシたちは、
数千年前からある遺跡の噂を聞く。
様子を見るために向かったサトシたちの目の前で異変は起きる。
突如、遺跡の近くの湖の空間が歪み、水の竜巻が襲いかかってきた!!
為すすべもない、サトシとピカチュウ
するとそこに、“ディアルガ”が現れ、2人を救い出してくれる。
近くにいた女性・シーナが助けてくれたのだった。

“超克せよ、時空のさだめを!”

ポケモンたちと心を通じ合うことが出来る“力”を持つシーナ。
あらわれた“ギラティナ”とも、サトシの協力で心を通わせる。

内容2
シーナに導かれ向かった遺跡の神殿には“時空儀”と呼ばれるモノがあった。
そして、、、説明を受ける、、、以前あった事件。
“パルキアVSディアルガ”“パルキアVSディアルガVSギラティナ”
2つの出来事は、“アルセウス”というポケモンにより引き起こされたという。
かつて、地上に落下してきた隕石を身を挺して守った“アルセウス”
地上にいる人間やポケモンたちは救われたのだが、
その時、出会った“ダモス”という男が、
“アルセウス”から借りていた5つの力を持つ“命の宝玉”を返さなかったと。
“宝玉”のおかげで、荒れ地だった大地は、木々に恵まれたというのに。。。。
“アルセウス”を裏切り、攻撃を仕掛けたのだった。
その“復讐”の“時”が迫っているという。

内容3
そんななか、“命の宝玉”を取り返すため、ついに“アルセウス”は現れる。
“ダモス”の子孫であるシーナは、謝罪し宝玉を返そうとするのだが
その宝玉は、偽物だった!!!!

“アルセウス”の怒りは暴走し、
シーナたちのために駆けつけた“パルキア”“ディアルガ”“ギラティナ”
その“神”と呼ばれる力をもつ3体のポケモンの力をも無効化していく。。。
それが、全ての力を持つポケモン“アルセウス”の力だった。
手も足も出ないサトシたち。。
すると、突如“ディアルガ”が“能力”を使い、
サトシ、シーナたちを“過去”へと、飛ばす!!!





“ディアルガVSパルキアVSダークライ”
“ギラティナと氷空の花束シェイミ”
につづく、
三部作の完結編である。
まぁ、

一応、神と呼ばれるポケモンたちの絶対に起きない戦いが、
なぜ、発生してしまったのか???

その答えを描いています。


それと。
“ハートゴールド”“ソウルシルバー”の宣伝も兼ねているのは
言うまでもないこと。

いやはや、
まさか、宣伝を、“あれだけ”流すとは、思ってもいませんでした(苦笑)

劇中の“内容”に、
ワニノコ、チコリータ、ヒノアラシを登場させるだけなら、
良かったんですけどね。。。。


それは、まあいいや。
前作までを見ていなくても、
今作だけで、キレイに物語として成立し、
“タイムスリップ”というモノを使っているのであるが、

そこそこ、、分かり易かったと思います


ただし。
“アルセウス”という明らかに別格のポケモンが、
過去と未来に同時に出現しているというタイムパラドックス的なことは
当然、無視することにします。



とはいえ、
お子様には、タイムスリップものは難しい感じかな
ただし、パンフを含めて、説明はなされているし、

ポケモンと心を通じ合わせるという
サトシの旅の延長線上なので、理解できないわけではありません。

ま、細かいことを言っても仕方ないので、
これはこれで“成立している”としても、大丈夫でしょう



個人的に、
“超克せよ”という儀式のようなモノは、
意外と分かり易さに一役買っていますよね。

いままでの“映画版”と比べると、単語の難しさよりも
ポケモンと理解し合える能力を明確化したのは、
結構、面白い設定だったと思います。

サトシの気持ちが通じるのと、ダモスたちが通じるのとをリンクさせたのは、
映画全体の分かり易さに繋がっています。


とまあ
終わってみれば、いつものパターンなのであるが、
3部作の完結編としてだけでなく、
少し難しい部分もあるけど、単独でも楽しむことが出来るお話だったと思います。



ただ、どうしてもヒトコト。
今回のポケモン映画。。。三部作。
3部作以前のお話と比べると、スケール感が大きすぎるんですよね

確かに、映像的には、オモシロ味があるのだけど。
ここまで、強大、強力なポケモンが登場してしまうと、
一少年の冒険モノとしては、“ヤリスギ”の感じが少しします


先ほども書きましたが、
結果的に、心を通わせることが出来たとしても、
すでに、そのレベルを超える事態が発生しているわけです。

どうもねぇ。。。ヤリスギかな。
楽しかったから、良いけどね。

次作では、もう少しサトシとポケモンとの“関わり”を見たいモノです。









最終更新日  2009年07月18日 12時52分43秒


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.