20549820 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

おしん  第279話 New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「野性の呼… New! BROOKさん

冬ドラマ最終回予定… New! ショコラ425さん

夫婦の会話>『スカ… New! ひじゅにさん

コロナウイルスで東京オリンピッ… 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

1/10 電動RC ルノー… クルマでEco!さん

開幕一軍予想承ります YOSHIYU機さん

塩だれを作ってみま… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2009年07月31日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『関前へ』

内容
関前に旅立つ前、磐音(山本耕史)は、親友達に手をあわせていた。。。。
そして、出発の日。
金兵衛(小松政夫)柳次郎(川村陽介)だけ無く、金兵衛長屋の面々に見送られ、
おこん(中越典子)とともに磐音は、江戸を旅立っていった。
そんななか、霧子(佃井皆美)がつけているのを見つけた磐音であったのだが、
雑賀泰造(竹内力)が、きっと襲うであろうと、
その戦いが、自分にとっての次への一歩の道も見つかると懇願する霧子。。。
玲圓(榎木孝明)にも文を置いていると言う事で、結局、同行することに。

そのころ、田沼意次の領地・遠州相良では、
雑賀泰造が、虎視眈々と磐音が来るのを待ち構えていた。
今度こそと、多聞、おてん(蒲生麻由)に気を引き締めるよう命じる。

ついに相良に入った磐音。
やはり、雑賀衆たちが襲いかかってくる!!!
おこんを庇いながら、磐音は戦いはじめる!
一方、霧子は、雑賀泰造の非道な行いを論じ、おてんの説得を。。。
すると、、やはり、雑賀泰造は、部下達を使い捨て、斬り捨て、踏みつけながら、
自らの立身出世のためにのみ暴れだし、磐音に襲いかかってくるのだった!

敬称略



そっか、白鶴城だね。。。。白鶴。。。。
いまさら、何を言ってんだか(笑)


それはさておき
今回は、今シリーズの宿敵・雑賀泰造との戦いの決着である。

一応、怪しさを出しながら、
最終的に、非道な行いの雑賀泰造。。。

なんだか、最後は、あっけなく、、幾分、自業自得気味だけどね。


ま、、こういう決着もありなのかもしれないが、
4人の刺客よりも、扱いが雑なのが、かなり気になります。

もうちょっと、殺陣で魅せてくれると期待していたからね!


それなりに、霧子と、生きていた!おてんを重ねて、
決着をつけさせていたし。。。

まとまったと言えば、まとまった感じなのかな



にしても、、雑だよね(苦笑)


ラストは、関前で、ついに対面の時。

っていうか
いきなりの、妹・伊代のムコどの。。。の弟君には、驚かされました。

もしかしたら、この要素が、
最終回で、意味があると言う事なのかな???


とりあえず、
次回が楽しみである。

ちょっと、今回は、感想が書けません。
やはり、決着の部分が、アッサリ過ぎたのが気になりますからね。
ここまで引き延ばしていたわりに、、これ?って感じでしたので。


これまでの感想

第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

NHKワンセグ2 プチかげ 陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~
第14回(最終回) 第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2009年07月31日 20時51分53秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.