23232386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

着飾る恋には理由が… New! はまゆう315さん

ヒーハー5-10ア… New! 虎党団塊ジュニアさん

カタマランヨット … クルマでEco!さん

4/20の夕方、元オウ… 鹿児島UFOさん

【おちょやん】第20… ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

最近ハマっているもの 俵のねずみさん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2009年08月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『最後の審判』

内容
加藤刑事(森山未來)の身重の恋人・茉莉亜(加藤あい)が、
両親殺しの容疑がかかっている黒川(ARATA)により誘拐された。
そして、要求してくるのだった。

“茉莉亜の恋人をひき逃げしたヤツ捜してくれます?
 リミットは明日の朝8時”

そう告げ、立ち去っていくのだった。
梅木(武田鉄矢)は、
“お前に、オレと同じ思いはさせない”
そういうしかなかった。

取引をするなと言う本庁の刑事(堀部圭亮)
それは、見殺しにしろと言う意味に聞こえ、絶望する加藤と梅木

梅木は、何とか加藤を冷静にしようと
“心の闇に引っ張り込んで自分と同じ人間にしようとしている。
 ヤツは、茉莉亜さんを支配したいんだ。
 それが叶うまで、絶対に殺さない。
と、、自分と加藤、、そして亡き灯世と茉莉亜を重ね分析するのだった。

そんななか、東野課長(杉本哲太)が、
ひき逃げした大石(モロ師岡)になりすまし、黒川に接触することを提案。
当事者の加藤は、東野、太宰(伊武雅刀)の命令で捜査から外されてしまう。

一方で、梅木はひとりで大石に接触し、事情を話す。
マリアに会うのを了承してくれたかに思えたのだが、
一瞬の隙を見て、逃げてしまう。。。。。。

翌朝8時。中央署の黒川が残していった茉莉亜の携帯が鳴り響く。
黒川だった。。
黒川に駅前に呼び出され、罠をはる中央署の一同
が、、、そこに黒川から連絡が入る。
“すでに大石に会った”と言いきった黒川は、
茉莉亜の命の保障はないと告げ電話を切ってしまうのだった。

すでに黒川は、担当検事から大石の居場所を探し当て、
捕まえた上で、茉莉亜のいる場所に連れてきていた。。。。。
そして、黒川は、茉莉亜に1つの提案をするのだった。

“許せないと言え、死ねって言え。そしたら助けてあげる”


敬称略



今回、ヒトコトで言い表せないほどのドラマになっています。

素晴らしいのヒトコトに尽きる感じである。



さて。物語の方は、
茉莉亜が凶悪犯・黒川に誘拐された
動揺する加藤、梅木。
黒川の意図が、茉莉亜を自分色に染めることだと分かるのだが

どうしても手がかりが掴めない。。。。
そんなとき、染めることが出来なくなったと知った梅木は
黒川の“次”がわかる。。。

自分色にならなかったのだから、
梅木の恋人、灯世と同じようにしてやる。。。。。。。


そんな感じである。


以下は、、セリフをてんこ盛りに。

まずは、茉莉亜に葛藤させる黒川から始まる。

大石“罪償ったんだよ。こっちは、
  女房は病気、子どもはいじめられ
  今じゃ、顔を見ることも出来ない
  これ以上、どうしろって言うんだよ
  何で、あんたにまで責められなきゃイケないんだ
黒川“どいつもこいつも自分のことばかりで、人のことなど思おうとしない
  終わってるよ、人間は。
  不条理だと思わない?
  何で、こんなヤツが生きてて、あんたの恋人が死ななきゃいけないんだ
  あなたの恨み晴らしてあげるよ。
  こいつのことを憎いと言え、許せないと言え、死ねって言え
  そしたら、あんたを助けてあげるよ。

助けを請う大石
“助けて下さい。

茉莉亜の気持ちは決まった。

茉莉亜“ごめんなさい。私、気がつきませんでした。
  あなたも同じくらい、もしかしたら、それ以上に苦しんでいるのに
  それなのに、あなたを責めようとしました
  そんな事しても誰も救われないのに
  私はもう、あなたを憎むのを辞めます
  あなたを許します

涙する、大石、黒川。。

求めることが得られない悔しさ。
そして、本当の愛を知ってしまった黒川。。。
そんなところなのでしょうね。。

その後。黒川が電話をかけさせ。。

茉莉亜“私もうやめたよ、過去にこだわるの。
  私もう迷わない、これからは未来だけを考えて生きていきたい

それでも、茉莉亜が許せない黒川。

黒川“灯世が言った言葉を言わせる
  この女が愛の力みたいなこと信じてるからだよ
  愛なんか憎しみに勝てないってことを教えてやるよ

そして、、
茉莉亜“私は梅木さんを愛しています
  心から尊敬しています
  いつか必ず日本一の刑事になると信じています
  彼はきっとこれからもたくさんの人を救ってくれます
  たくさんの人を守ってくれます
  この世界は明るくて、希望に満ちてるって教えてくれます
  だって、あのひとは正義の味方だから
  私は、彼のことを一生支えていきます
  彼の子供を産んで、精一杯愛します
  世界一幸せな家庭を作るように
  どんなに辛くても頑張ります
  私はどんなコトがあってもあなたを信じます、一生離れません
  私はあなたを愛し続けます。

が。。
黒川“そんな夢みたいな世界は、絶対来ないって


後は、普通の刑事も。。かともわれたが、

ナイフを奪った加藤は、それを黒川に向けてしまう
黒川“いいぞ、ころせよ
  俺が憎いんだろう。早く殺せ
  オレは人間のフリするの辞めた
  お前も正体出せよ

そこへ梅木乱入
梅木“悪いな加藤
  こいつはオレが殺すよ
  お前には愛する人がこの世にいるオレはこいつ殺して、
  灯世に知らせに行くよ
  これでやっと望みが叶う
  加藤、オレはもう、生きていく気力がないんだ
加藤“梅木さん
  あんたの負けですよ。それ
  あんたが、そいつを殺した時点で、あんたはもう獣と何も変わらないです
  人間じゃなくなる
  灯世さんになんて報告するんですか
  日本一の刑事になれなかった。。。そんなこと言いに行くんですか


そして

加藤“人間なんて、終わってる、こんな世界無くなっちゃえばいい
  でもね。
  オレは、絶対にあきらめませんよ
  憎しみじゃなくて、愛を武器に闘っていきますよ
  憎しみってヤツと一生闘い続けていきますよ
  オレは、絶対に見返してやる、あんた以上の刑事になってやるからな
  悔しかったら、見ていて下さいよ。見届けて下さいよ。

梅木の心に響く。。。

梅木“灯世!。。。。
  生きて、あなたを忘れません
  生きて、あなたを愛してますから。。。



まさに、ヒューマンドラマの真骨頂と言って良い展開である。

黒川の歪んだ気持ち。憎しみ。
そこにある“人間”の1つの姿。

その気持ちは、加藤にもあるし、茉莉亜にもある。
当然、梅木にも存在する。いや、、誰しもが持っているものである。

それを許すことが出来るかどうか、
憎しみを生まないことが出来るかどうか、
そのギリギリの線が、、“愛”にある。。。

人間との闘いは、そこにある憎しみと愛の限界線の闘い。
ちょっとしたことで歪んでいく姿

必ず、誰しもの心にひそむ2つの心。
見事に、人間の二面性を描ききった作品だったと言えるでしょう。

中立と見えるような。。。正義の使者のような
“刑事”というものが絶対ではない。
彼らもまた“1人の人間”であることを、描いたということですね。


“今年最高傑作”に近いドラマだったと思います




ドラマ全体を見て
スタッフが変更されたというのもあるが、
“前作”と比べて、ヒューマンドラマと印象が強くなった“今作”
“前作”以上の面白さだったとおもいます。
テーマは、人間ですね。
愛と憎しみ、、、そんな言葉だけでは、言い表せない感じだ。

そして、刑事として、1人の人間として
主人公の成長していく姿が、キッチリ描き込まれた。
普通ならブレなどもあるのに、それが無かったですからね。
ホント、素晴らしい限りである。
気持ちと気持ちのぶつかり合い、俳優と俳優のぶつかり合い。
まさに、“NHK土曜ドラマ”でした。
って言うか、久々だよね、ココまで重厚なドラマって。


これ以上になると、“普通の刑事モノ”になってしまう可能性もありますが、
できれば、、、“この枠”。。。ってことで、
続編が見たいものである。



これまでの感想

第4回 第3回 第2回 第1回 






最終更新日  2009年08月08日 23時20分31秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.