000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

わろてんか  第1… New! はまゆう315さん

意外に多い「煽り運… New! 鹿児島UFOさん

ドライブレコーダー… New! クルマでEco!さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

ロミジュリ>『わろ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

懐かしいものが出て… 俵のねずみさん

WJ46号 銀魂 簡単で… みやさとver.さん

●ONE PIECE 第792話 … エフショックさん

ニューストピックス

2009年08月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『さらば、越後』

内容
慶長2年、京の上杉屋敷に滞在中の兼続(妻夫木聡)
ある日の夜のこと、三成(小栗旬)に呼び出される。
主・秀吉(笹野高史)が、どうしても兼続に頼みたいことがあるという。
“上杉に国替えをしてもらいたい。会津に行ってもらいたい。”
すべては、家康(松方弘樹)へのけん制のためだということだった。
我が子・秀頼のためだけでなく、国を思ってのこと。戦を起こしてはならないと。
“わしの最後の頼みじゃ”

すぐに景勝(北村一輝)に会津への国替えの詳細を伝える兼続。
一度は迷った景勝であったが、兼続の説得を受けいれる。
謙信(阿部寛)の志を継ぎ、日本の安泰を目指すべき。。それが義の道であると。
その後、兼続は春日山に戻り、家臣団に伝えるのだが、反応は、イマイチ。
泉沢(東幹久)に至っては、仮病を使い出仕もせず。屋敷に引きこもっていた。
兼続は泉沢のもとに向かい、1つの頼み事をする。
“越後に留まっても良い者を選んで欲しい”と。。。
それは、もしもの場合、越後に戻るための布石であるということであった。
一方、仙桃院(高島礼子)にも話をするが、謙信と共に越後に残るという。

翌年。秀吉から正式に国替えが通達された景勝
これで徳川、毛利に次ぐ大大名となった上杉家であった。



敬称略


↑後半、削除。


今回、かなり酷評していますので、
そういうのイヤな人は読まない方が身のためです!!


正直、わたし、かなり怒っています。

別にね、多少史実と違っていたり、メロドラマ、ホームドラマであっても
もう、、、そういう路線で進んでいるのだから、あれこれと言いません!

でもね。。。

↓これ

お涼“思いが届かぬのであれば、どこかで退かねばなりませぬ”

こう言ったことをするから、ダメなんじゃないの???


男が泣き言を言う時に、相手が女でなければならない。

きっと、そういうことなのだろう。

確かに、その方法は、ドラマとしてベタな方法であるし、
カタチ次第では、いい雰囲気がかもし出されたりするモノだ。

が。。。

兼続とお涼。

京でのことならいざ知らず、越後では、ほとんど会っていません!

なのに。。。このセリフ。。。
ついでに
兼続“そなたには救われた”

である。

一体、どういう“関係”だったんだ?????
子供達の家庭教師と言うだけじゃなかったの?

相談相手という感じでもなければ、愛人というわけでもない。
そんな表現をしながら。。。お涼とのひととき。

越後でしたことさえも、。。。悩み、泣き言を言う兼続である



なら。
強引に、子どもに雪を見せたいと言うことで
越後にお船が戻っていたシーンがあったのだから、

ここで、お船に泣き言を言えば良かったんじゃないのか???

いや、
本来ならば、相手は、景勝であったり、親友であるはずの上田衆で良いはず!!

なのに、、、お涼。。。


完全に、選択肢を間違っています!!!

なんか、バカにされたような気がしてなりません
終盤は、いろいろと回想を入れて“思い”が、
良い感じに伝わってくると言うのに。。。

これからの展開も含め、
大きな出来事である“国替えのお話”なのに


一気に、興ざめな雰囲気になってしまったのは言うまでもありません!

このシーンさえなければなぁ。。。。

多少の強引さなんか、気にしなかったのに。。。。。


もう一度書くが、、

なぜ、お涼なのだ????

お涼に、越後のことを言ったところで、
なにひとつ共感してもらえないんじゃないのか???

だって、思い出など、なにひとつ共有していないではないか!!



詳細は書きませんが、
細かい部分で、これからのためのネタフリをしていたのに。。。ね。。。

たとえ、他の部分が良い雰囲気であっても、
やってはならないことは、絶対にやってはダメです!

特に、強烈なモノは、必ず、後を引き、
その良い雰囲気まで、ぶちこわしてしまうモノである。

あ~~~~あ。。。某女忍!?が、登場しないと思ったら、
これだ!

ほんと、何が良くて、何をやっちゃダメか、
もっと考えて欲しいモノだ。


よっぽど、父・惣右衛門とか、仙桃院の方が、納得出来たんじゃ?

話の腰を折ってしまうとは、まさにこの事である。

しっかしよくもまぁ、、こんなに、イマイチ思いがわからない他人の別れを
詰めこみましたよねぇ。。。。
どいつもこいつも、中途半端な描き込みばかりをしてきたクセに、
こんなところで、てんこ盛り
誰が必要で、必要じゃないかさえ、ワケ分からない状態だ



これまでの感想

第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 






最終更新日  2009年08月23日 21時51分01秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.