20493475 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

まんが道  第3話 New! はまゆう315さん

「経営の神様」船井… New! 鹿児島UFOさん

ぺこぱお笑いライブ… New! クルマでEco!さん

ええ子>『スカーレ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年08月31日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『肝っ玉母さん猛烈告白』

内容
松島に入った老公(里見浩太朗)一行は、
“山清”の威勢の良い女網元、紀代(水前寺清子)と出会う。
どうやら最近、別の網元に嫌がらせをされているようだった。
伊達政宗公に認められ、預かっている漁場が良く、
網元である五郎丸権蔵(萩原流行)に目をつけられ、譲るよう迫られていた。

鉄次(木咲直人)はる(笹丘明里)和吉(伊藤大翔)たま(兼崎杏優)。。。
と親のない子供4人の親として暮らす紀代は、女だから相手になめられると、、、
“夫婦になって欲しい”と老公に頼み込んでくる。
助さん(原田龍二)格さん(合田雅吏)にも、うながされ。渋々、了承する老公。
翌日には、権蔵との話し合いに出席し、紀代の夫として黙らせてしまう。

が。。。その日の夜。船小屋に付け火をされてしまい。。。。
堪忍袋の緒が切れた紀代は、刀をもって五郎丸一家に乗り込んでいく!!
老公に引き留められた紀代であったが、怒りは治まらない。
“夫”として、老公は叱責し、ようやく気を落ち着かせる紀代。

そのころ、弥七(内藤剛志)は、
6年前、山清を飛び出したひとり息子・宗太郎(細山田隆人)と出会っていた。
どうやら、学問の道へ進むため家を出たが失敗。帰るに帰れないようだった。

直後、松島番所の役人・青戸富三郎(山内としお)が山清に乗り込んでくる。
山形で押し込みをしたという下手人の人相書きを見せ、宗太郎だと言う。
隠し立てをすれば、大変なことに。。。
そんななか、紀代が五郎丸に呼ばれると、そこには宗太郎は居た!
権蔵は、取引を持ちかけてくる。漁場を譲れば、無事に逃がしてやると。。。。

一方、五郎丸一家に潜入していたお娟(由美かおる)は、
五郎丸と青戸が結託している証拠をつかみ。。。。。


敬称略


今回は、松島


威勢のいい女網元の紀代
漁場を譲れと権蔵という男に迫られるが、
そんなとき、弱み。。。息子の命を握られてしまい。。。。

って感じですね。


最近のお話って、
悪い奴らの陰謀を二重三重にしてくることが多く、
お話の深みがイマイチのモノが多かったですが、

今回くらい単純化し、
テーマを親子愛に持っていっているため、
分かり易く、そして人情モノとしてのまとまりがありますよね。

実際、
単純化し過ぎちゃうと、飽きられてしまい、、マンネリ化へ。。。

そういう危険性はあるのですが、
だがこのくらいのバランスが、『水戸黄門』だとも言えるでしょうね。

単純化したからといっても
丁寧にドラマを描き、キャラでキッチリ魅せているため、
飽きない展開になっています。

紀代と老公のやりとり、そこに絡んでくる、助さん、格さん。
一方で、権蔵や青戸。。。。
それぞれのキャラを際だたせているから、オモシロ味があります。

殺陣を含む時代劇の面白さ、独特の勧善懲悪物語だけでなく、
ホームドラマと言って良い感じの雰囲気を漂わせてこその“水戸黄門”

わたし的には、
久々に水戸黄門を見たような印象ですね。



次回は平泉


これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話2hsp






最終更新日  2009年08月31日 20時58分37秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.