19619486 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

クリミナルマインド1… New! はまゆう315さん

フィリピン東海上に… New! クルマでEco!さん

魔法の手拭い>『ス… New! ひじゅにさん

初めての海ほたる New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光✴️通信、秋の… New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2009年09月27日
XML
『Mに手を出すな/ジョーカーで勝負』

内容
マネードーパントとの戦いの中、
フィリップ(菅田将暉)の異変により、勝負は中断。
何らかの異変を、翔太郎(桐山漣)も感じ取るのだった。
“フィリップの家族”
それが、フィリップの悩みであり苦しみであった。

そのころ、ミリオンコロッセオへの潜入に成功した亜樹子(山本ひかる)
見つけた優子(妹尾友里江)に帰るように勧めるが、
オーナー加賀(我修院達也)に勝負を挑んでいくのだった。
勝負に敗れた優子は、マネードーパントにより代償を払わされる。それは命。
亜樹子から情報を受け取った翔太郎とフィリップ。

すると、フィリップは、所有するガイアメモリをすべてかけた勝負を、
加賀に挑んでいくのだった。
様々な情報から、勝利に近づくフィリップ。
が。。加賀が“家族”という言葉を口にしたとたん、フィリップは動揺。。。。
奪われていくガイアメモリ。
様子を見ていた翔太郎は、すべてのコインとメモリをかけた最後の勝負を、
ばば抜きで挑むのだった!!

最後の選択。。。どちらがジョーカーなのか??

次の瞬間、、翔太郎が引いたのは、、、、



敬称略



さて、、サイクロンジョーカーから、ルナジョーカー
ルナメタル、ヒートメタル



戦いも含めて、キレイにまとまったようである。

家族の記憶を無くし、苦しむフィリップ
が、戦いの中、、、相棒の存在に気付きはじめる。

“家族、それなら代わりがある”

敵だけでなく、今回の被害者も“家族”でまとめているし
ある程度の納得感のあるお話になっていますよね。

ベルトを。。。というのも良い感じだし。

最終的に
これからも借金を背負い続けるというのも、良いナレですよね。
こう言うの、大切です。ちょっとしたことだけどね!


おはなしとして、かなりバランスがとれているのが理解できた感じだ。

戦いもある程度特徴を見せながら、魅せてくれているしね!!

すでに、半分というデザインが気にならなくなってきていますし(笑)





ただ。。。なぁ。。。ヒトコト
もう、亜樹子。。。邪魔なんですけど!!

楽しいし、メリハリを生んでいるし、
意外とテンポを生んでいるのは理解しているのだが

ギリギリだよね。。。

4話目にして、少し気になり始めました。
もうすこし、彼女に優しさのようなモノがもう少し見え始めた時、
違った印象が生まれてくるのでしょうけど、

いまのところ、、ひとり暴走しているだけだからね。

ま。
それ言い出せば、ネタフリだけとはいえ、敵の結婚も気になりますが。。。
だって、時間を取りすぎていて、
メインの物語が、結果的に短くなっているし!!!

気にしない、気にしない。。。


これまでの感想
第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2009年09月27日 08時40分19秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.