20497588 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ひよっこ  第23話 New! はまゆう315さん

「鬼滅の刃」オーケ… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「チャーリ… New! BROOKさん

昔のこと>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

「経営の神様」船井… 鹿児島UFOさん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年10月31日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『お姫様の友達はネズミだけ』

内容
学校の下働きとなったセイラ(志田未来)の友だちは、小さなネズミだけ。
それでも、セイラはまさみ(岡本杏理)と友情を育みはじめていた。

一方、フランス語のスピーチをセイラに奪われた真里亜(小島藤子)は、
三村千恵子学院長(樋口可南子)に訴えるが、聞いてもらえない。

そんななか、
突然、小沼日出子(広岡由里子)から、特別室に行くよう命じられるセイラ。
そこには、、真里亜がいた。
真里亜“お前は、私の世話をする事になったのよ。セイラ”

セイラは、
“金が無ければ価値はない”と真里亜に告げられ、こき使われはじめる。

やがて、真里亜の圧力は、小沼誠一郎(大和田伸也)日出子、カイト(林遣都)
だけでなく、まさみにまで向けられていく。
徐々に追い詰められていくセイラ。
セイラの心の支えは、ネズミだけになっていくのだった。

そして千恵子は告げる。“出ていきたければ、出ていってもかまいません”と。


完全に追い詰められたセイラは、
ついに、カイトから真里亜との事だけでなく、セイラは思いもよらない事を。。

カイト“キミは、何もかも持っていた人間だから。”

カイトの意外な本心にショックを受けたセイラは、真里亜に土下座し。。。。。


敬称略



下働きをはじめたセイラ。
そんなときでも、信念を持ち、友だちも、、、いた。
が、、真里亜の怒りにより、追い詰められていき。。。。

ってことだ。


簡単に言えば。
落ちるところまで落ちて、孤立無援

以上である。


一応。
いじめ、、、いじめ。。。ほんと。それだけなのですが。

セイラの事を思っていた人たちも、心変わりするなど、
悪くない展開。。

一瞬、やはり、、自業自得じゃ?などと感じさせているのも
セイラ自身の変化をみるためには良い事だろう。

本当に丁寧な“心の折れ方”だったと思います。


それにしても、、、最後がなぁ。。。
よくもまぁ、ここまで表現したモノです。この時間帯なのにね!

ま。。いいや、
物語も、これから。。。って言うところだし。



これまでの感想


第2話 第1話






最終更新日  2009年11月02日 23時10分14秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.