15601481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

コウノドリ  第7話 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

免許皆伝>『わろて… New! ひじゅにさん

オフィスチェア ハイ… New! 簡単支払さん

日本一のアイドルは… New! YOSHIYU機さん

鼻パット 遠近Vパッ… New! クルマでEco!さん

ばらかもん Act.124… New! みやさとver.さん

インド古典音楽家 … 鹿児島UFOさん

いろいろ  希望は… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2009年11月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛を掲げよ』

内容
大坂の陣も終わり、
景勝(北村一輝)を中心にようやく米沢の町作りなどに励む上杉家中。
家老として働く兼続(妻夫木聡)も例外ではなく、
嫡男・景明(太賀)ら若い者に交じり、奮闘していた。
そんななか、、、、その景明が倒れる。
“いつか父上の紅葉の家臣に。。”
そういい残し、父・兼続、母・お船(常盤貴子)らに見守られ息を引き取る。

翌年。。。家康(松方弘樹)は、兼続と伊達政宗(松田龍平)を呼び出し、
プレッシャーをかけながらも、秀忠(中川晃教)のことを。。。と頼むのだった。
やがて、秀忠ら、家臣団に見送られ、、、息と引き取る家康。

同じ頃、お船は、景勝の嫡男・玉丸(西山潤)の世話をするため江戸へ旅立つ。
そんななか、秀忠に江戸城に呼び出された兼続は、
徳川の家臣達に囲まれ、英雄譚をせがまる。
信長(吉川晃司)秀吉(笹野高史)そして三成(小栗旬)について語り出す

2年後、兼続は私財を投じ米沢に学問所“禅林文庫”を創設。
政より身をひくことを決断する。
そして、江戸へ立った兼続は、玉丸からお船を借り
越後へと旅に出るのだった。

越後を一望できる山に向かった兼続とお船
思い出を語る二人。。。。
そして、米沢に入ったふたりは、景勝に領地などの返上を申し出る。

その後、景勝は、兼続を連れ、、、とある米沢を一望できる岩場へ。
春日山の岩屋に似た場所。。。。謙信公を奉るという。
思い出される日々。。。。。

そして、、兼続はお船と語り合いながら。。。。。。。。


敬称略




ようやく終わった“天地人”

もう、細かいことはいうまい。
別に史実がどうだとか、事実がどうだとか、
ハッキリ言って、そんなモノ、どうだって良いこと。

ドラマとして、ある程度面白ければ、それはそれでok。
ただし“よっぽどのことをしない”と言う事だけである。

実際、そういった“よっぽどのこと”があったのかどうかと言えば、
正直、無かったとは言えないだろう。

だからと言って、面白くないのか?
と言うわけでもないのも事実である。

そう。。。
相手が基本的にフィクションの“ドラマ”だというのに、
“本当の史実かどうか分からないもの”を史実などと称し、
間違っているという指摘は、無粋というものである。

史実、事実などは、後の世に作られたモノであり、
本当に“正しい”のかどうかも分からないということこそが、
“本当の事実”なのである。

文書が残っている。などと言うのは
歴史の断片の1つに過ぎないと言う事なのだ。

そのような歴史ものを、ドラマとして
どうやって、楽しく魅せるのかが、重要なこと。


考えてみれば、“大河ドラマ”と言ったところで、
昔から、そういうもの。
あえて名前は書きませんが、傑作の部類に入るものでも、同じである。

ただ、大河ドラマが他の季節モノのドラマと大きく違うのは、
第一に、1年ものであると言う事。
第二に、NHKだから、思った以上の俳優を使えると言う事

その程度のことである。
が、、それを

1年間、ずっと魅せ続けること。

そこが、大河ドラマが、
他のドラマとはまったく違う“命題”“使命”を与えられている。
と言う事なのである。

1年。。。他のドラマと比べれば、4倍の時間があるのだ。
そのなかで、
どれだけ人間関係を構築し、毎回魅せていくのか?

それをある程度出来た作品であれば、満足のいくドラマであると。
もしも、少しでもダメであれば、、、不満のあるドラマ。

そういうことなのだ。
ハッキリ言って、そのなかに、“史実”などと言うものは、必要ない。
満足行くかどうかは、“ドラマ”が満足かどうかなのだ。

決して史実だから満足なんていうことは、、あり得ないこと。
それこそ、視聴者の自己満足にしか過ぎません。

どうしても、そんなモノが見たいならば、
“ドラマ”という、、基本的に“フィクション”を見るなんてコトせず、
満足のいく。。、教科書やドキュメンタリー番組でも見ればいいこと。

ただ、それだけである。


だが、、ここで重要になってくるのは、
歴史物を描くにあたって、
そのフィクションの中に、いわゆる“史実”をどれだけ織り込み
楽しく魅せることが出来たかどうか?である。

昨年の“篤姫”では、
“史実”をある程度描きながらも、アイデアで乗り切った。
だが、、数年前の作品では、
“史実”を描くも、やり過ぎた“フィクション”を織り込んでしまった。

さて、、今作ではどうだろう。。。
たしかに、“フィクション”は、多いことは多い。

そんなの当たり前だ。
主人公である“直江兼続”という実際いる人間であっても、
それほど多くのデータがあるわけじゃない人物を描こうとしているのだから!
これは、、、“篤姫”と、、同じコトである。

が、、
印象の違いが、大きくなっているのは、
“歴史の主人公”たちを意識しすぎたかどうかである。

意識をし過ぎると、それを描くあまり、
あきらかに、“胡散臭いフィクション”となる。

あまり意識をしない描き方だと、
基本的に、“日常生活”だけであり受け入れやすい“フィクション”

そういうことである。
完全に、昨年の“篤姫”との作りの差が出てしまった“天地人”

無駄な演出さえなければ、
納得出来る話も多かっただけに、
もう少し、、主人公グループの人間関係を中心に描いて欲しかったものだ。

それにしても、最後の最後まで、、、、、
家康が、兼続を呼び出し“頼む”なんて、、、。。。
そのほかのコトも。。。。。。もう、、いいです!

でもね、
最後にヒトコトだけ。
兼続、景勝、、、回想シーン。。。
考えてみれば、これくらいのシーンしか、二人関わっていませんよね。
この回想にこそ、このドラマの薄さが隠れていると言って良いでしょう。

とりあえず、、、まとまったなぁ。。。と言う感じだ。

これまでの感想

第46回 
第45回 第44回 第43回 第42回 第41回 
第40回 第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 






最終更新日  2009年11月22日 21時20分32秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.