19955998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ニューアムステルダ… New! はまゆう315さん

おすすめいくつか New! 俵のねずみさん

こしがや完熟 いちご… New! クルマでEco!さん

夢その3>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (12… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

その1) 映画「蘇生2… 鹿児島UFOさん

ONE TEAM YOSHIYU機さん

【スカーレット】第10週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年12月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『…そして僕は夢を捨てる』

内容
来年の春には小学生になるコハル(石井萌々果)に、少し驚く正宗(相葉雅紀)
そんななか、コンテストに応募した正宗の写真が入選したという知らせが届く。
素直に大喜びした正宗とコハル。そして林(北村有起哉)たちスタジオの面々。

最終審査の課題は“最後に撮りたい風景”

どんな写真を撮るか、考えていると。。。
ふと。。大家の室田長市(八名信夫)の様子がおかしいことに気付く。
妻・澄子(大森暁美)の心臓の具合が悪く、入院しているという。
二人の姿を見て、
“長い年月お互いを思いやりながら生きてこられたお二人が羨ましい。”
そう感じる正宗。

誰かになにかを感じてもらえている。
自分の写真でも、誰かが笑顔になってくれている。。。。
その気持ちで、最後の課題に挑もうとしていると、
“キレイな風景を知っている”と言い始めるコハル。
コハルに導かれ、陽子(優香)の実家の近くの海。。。。へ行く正宗。
その後、志織(朝加真由美)から、陽子のアルバムを見せてもらい、
通っていた小学校に興味を覚え、2人で行ってみることに。。。。。

すると、、陽子とのことを思い出したコハルは、
“この学校に来たい”と言われ、、正宗は戸惑う。
それは、今の職場から遠くなり仕事を辞めなければならないと言うこと。。
“夢”が遠ざかってしまうと言う事を意味した。

一方、柴田先生(村上信五)に話をしたコハルは、
そのコハルの気持ちが、正宗の夢を壊すと知り、行かないと正宗に伝える。

コハルを悩ませてしまったことに、より戸惑いを感じてしまう正宗。。。。
その態度を見た木村(日村勇紀)は、怒り出す。
“写真の世界で食っていくって、そんなに甘いもんじゃねえだろ
 やるんなら、命がけでやってくれ
 中途半端にやるんだったら、辞めちまえ
それは、、、真実だった。。。。。
でも、コハルには、ツライ思いをさせたくない。。自分の夢も諦めたくない。。。


敬称略



ついに、写真がコンテストに入選!
それは夢への第一歩。
そんなとき、コハルが戸惑わせることを言い始めてしまう。

考えてみれば、
今のままの仕事では、コハルに苦労をかけてばかり。
こんな状態が良いわけがない。

“コハルちゃんの人生を狭める。
 いろいろと我慢させることになってしまう
 そんな思いだけは、させたくない。”

でも、、、それは、カメラマンという夢を捨てることに繋がってしまう。

いったい、、、どうすれば???


そんなお話である。


なんか、、、正宗の気持ちというか、考え方に
少し“はき違え”のような印象を持ってしまうのだが。。。。。

高志の言うように、“子供のたわごと”である可能性もあるというのに。。。

ま、、そこまで、コハルのことを思っている。
そう考えておく方が、良いのかも知れませんね。

だって、考えようによっては、
自分の実力では、、と諦めの気持ちから、
子供をイイワケにしているようにも見えますよね。。。



とりあえず。小学校は、どうかではなく、
自分の夢が、コハルに苦労をかけるかもしれない!

そういうことなのでしょう。

どんなことがあっても、コハルだけは。。。と考える親心。

今までのお話があるからこそ、成立するお話ですね。

ちょっとしたことから、、それも夢に密接する部分から始まるという、
悪くない展開であり、良い感じの葛藤も表現されている。

なかなか、良いお話だったと思います。



ただまぁ、、、気になってしまったのは。
陽子と正宗を重ねている。。。。室田夫妻。。。のことだ。

確かに、このエピソード、悪くはないのだが、
これ、、、正宗の葛藤と、基本的に関係ありませんよね!

もう一度書くが。悪くはない。。。良いエピソードなのだ。

でも、、必要だったのか???


“どんなに心に残る美しい風景を撮っても、
 そこに大切な人の笑顔がなければ、ボクには意味がないんです。”

に、繋がるにしても。。。。

陽子との思い出だけで、十分成立するセリフである。


ま。。。いっか。

これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年12月05日 01時27分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.