20762709 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

契約書と学芸会>『… New! ひじゅにさん

さきめしがパワーア… New! 俵のねずみさん

ダ・ヴィンチ・コード New! はまゆう315さん

レベルの違う富裕層… New! 鹿児島UFOさん

美容院へ行きました♪… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

日本国内でもようや… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2009年12月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『生き別れた恋人との衝撃の過去!』

内容
松善百貨店と天萬との合併話が持ち上がったことで
越前屋百貨店には、取引先からの契約解除の申し出が殺到する。

対抗するために、美姫(黒木瞳)は、
日本未上陸ブランド“SIELA&KEITH”との専属契約交渉を進めていた。
そして、契約の肝としてハイヒールの製造が企画される。
ブランドが条件で要求してきたのは、浅草の老舗靴工場“TAKEUCHI”
美姫は、社長の竹内祐造(田山涼成)との交渉を絹恵(香里奈)に命じる。

竹内社長の元に田淵(西島秀俊)ニコラ(黄川田将也)と交渉に向かった絹恵。
が。。。完全に門前払い。
絹恵は、毎日のように通い詰めるが、話を聞いてくれず、雑用ばかり。
そんなとき、一枚の古い写真を見つける。美姫???蜂矢(小泉孝太郎)?

敬称略




人生にはたくさんの選択肢がある
後悔しないために、自分が選んだ道をまっとうする

と、、美姫の生きざまが、語られた今回。


ただ、それだけである。


ほんとは、絹恵のことを中心にして、
一種の人情モノに近いお話なのだろうが、そういうのではない。

あきらかに、美姫という人物を表現しただけだ。


そのため、ドラマとしてオモシロ味があったかと問われれば。。
ハッキリ言ってビミョー。。。としか言いようがない感じだ。

ま。
いまさら、こんなエピソードを入れる必要があるのかどうか分かりませんが、
美姫というキャラを表現しなきゃ!!

ってことなのでしょう。


しっかし。物語として、本当に大味な内容だよね。。
人間関係などの表現が分からなくもないのだが、
メインの物語として、越前屋百貨店の揺れというモノがあるのに

完全に、別のエピソードだがから、違和感が。。。。。

こういうお話って、
もっと初期で入れるお話だよね。
そうしていれば、違った印象になったでしょうに。。。。
なぜ、、こんな終盤に??
その疑問だけが、頭に残ってしまいました。


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2009年12月09日 00時09分35秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.