14721155 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

お取り寄せプリンコ… New! クルマでEco!さん

製作中です New! シュージローさん

「人生腐らず、波に… New! 鹿児島UFOさん

フランケンシュタイ… New! はまゆう315さん

おんな城主 直虎 第… New! みやさとver.さん

【おんな城主直虎】… New! ショコラ425さん

わけがわからないよ New! YOSHIYU機さん

家系ラーメン New! ひじゅにさん

今日の収穫 (4月… New! BROOKさん

土曜プレミアム【世… New! くう☆☆さん

ニューストピックス

2009年12月19日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
数ヶ月前、夫・ウィルを亡くし、カウンセリングを受けている女性が居た。
女性はノーム在住の心理カウンセラーのアビゲイル・タイラー
友人の心理学者エイブルに依頼し、催眠療法を受けていた。
あの日の夜、“誰か”が寝室に押し入り、刃物のようなモノで夫を殺した。
犯人を見たはずなのに、思い出せず、催眠療法を受けていたのだ。
だが、それでも思い出せない。。思い出せば“何か”が分かると思っていたのに。

自家用機でノームに帰ったタイラーは、
何事もなかったかのように、“患者”のカウンセリングをはじめる。
ここのところ、不眠症で悩んでいる同じような体験をした患者達が多発していた。
カウンセリングをすると、皆一応に同じコトを言う。。。。
“白いフクロウが窓の外からのぞいていた”と。
多くの人が同じように答え、そのうえ、思い出せずにいた。
それが、ほぼ同時刻に発生していたのだ。
まったく意味が分からないタイラー
そこで、ひとりの患者トミーに了承をとって催眠療法をかけてみることに。

トミーは、突然恐怖に怯えだし、叫びだし暴れだしてしまい治療は中断する。
タイラーは問いかけるが、、、“何か”を見たようなのだが、答えようとしない。
いや、思い出そうとしても、思い出せないようだった。

その日の夜、事件は発生する。
オーガスト保安官から呼び出しを受けトミーの自宅に向かうと、
トミーは拳銃を持ち、家族を人質に立て篭もっていたのだ。
なんとか、説得を試みるタイラーであったが、
“理由が分かった。もう、これで見なくても良い”
と奇妙なメッセージを残し、家族を道連れに引き金を引くのだった。
衝撃を受けるタイラー。
直前にカウンセリングを受けていたこともあり、
オーガスト保安官は、タイラーに疑いの目を向けるのだが、
予想外の事態で、何があったか、まったく説明できなかった。

そんななか、エイブルの立ち会いの下、
他の患者・スコットに催眠治療を試みると、、、トミーと同じコトが発生する。
が、、思い出そうとしても、思い出せず苦悩するスコット。
やはり“何か”を見たようだった。
タイラーは亡き夫が研究していたこともあり、ある仮説をエイブルに打ち明ける。

“4th Kind”
地球外の生命体による誘拐“アブダクション”

奇想天外な仮説に驚くエイブル。
そんなとき、受付の女性がタイラーにレコーダーを手渡すのだった。
それは、タイラー自身が体験した記録した“音声”
そこにはタイラーの声だけでなく、、、聞いたこともない奇妙な声が。。。。。




かなり補足しています。一部、分かり易いように変更。

基本的に、ドキュメンタリータッチで作られた作品ですので、
どこかを補足し、削除しておかないと。。。。ってことです。

作品としては、

サスペンス調の雰囲気で始まり、
徐々に、奇怪な現象から、、、ホラ-、、、いやオカルト風へ
最終的には、ちょっとしたSFモノ。

そんな感じの作品である。


作品自体は、“実際の映像”と言われているモノを
再現映像を交えながら、かなり衝撃的に、かつスタイリッシュに描かれた
一風変わったSF映画という感じだろう。

もちろん、細かく語り出すときりがないので、雰囲気は、そんな感じだ。

“白”“窓”“扉”など、
キーワードを連呼し、様々な場所で見せ付けるという
かなり古典的な手法により、観客へ刷り込みを行い

良い感じで恐怖感を煽っている。

映像にしても、
劇中では“ホンモノ”と言われているが、
本当のところ“ホンモノ”かどうか、よく分からない映像を交えながら
再現にすり替えたり、音声だけを利用したりと
緊迫感と、実際に発生している雰囲気を見事に生み出している。

結果。
作品で描かれている“テーマ”に、上手く真実味を持たしているのだ。

それぞれに、古典的ではあるが、
ドキュメンタリータッチとしては、かなり秀逸な描かれ方をなされ、
作品として、本当に面白い仕上がりになっています。

細かいことは気にせず
事実かどうか、真実かどうか、、、
そんなコトさえ気にならないほど、“エンターテインメント”としての
オモシロ味は、本当にある作品である


ただまぁ、
この作品が描こうとしている“部分”に関しては、
様々なとらえ方が出来るように、工夫し、断定しないようにしているため。
“ハッキリさせろ!”
ってな、ことを言う人にとっては、イライラさせられる結末。
が、、よく見れば、備品なども含め、
どう捉えられても良いように、“保険”は見え隠れしています。

そう、、ホントは、人間の犯人が居るんじゃ?ってことね!

その意味じゃ、
TVなどで、同様の番組があるのと
あまり変わらない線引きの作品にはなっています。


と、、、個人的には、
保険や演出が目につきすぎてしまってはいるが、
この手の作品が好きな人にとっては、
結構楽しいモノであったのは確かだろう。

信じるか、信じないかは、、ひとそれぞれ

まさに、そんな感じだしね!


ちなみに、番宣などで使われている映像以外には
ショッキングではあっても、衝撃的な部分は少ないので、
心の準備さえ出来れば、普通に驚くこともなく楽しめる感じかな。



最後に、、、わたし的な感想
私の場合、“4th Kind”をかなり昔から知っていましたので、
実のところ、“どういう方向にまとまるのか?”だけにしか興味がなく、
一部、展開が遅い部分もあり、睡魔が。。。。。
結局、ドキュメンタリータッチなのか。。と知り、
ちょっと残念な気持ちもあります。
オカルト、ホラー、サスペンス、SF、、、
そういうのって昔から大好きですので、“作品”として、
監督がどういった答えを表現するのかだけが楽しみだったわけです。
ま、、でも、こんなのも、良いかな。。ってところかな
映画として、演出なども楽しめましたし。
あくまでも私の希望ですが、
この監督のホラー映画、サスペンス映画を観ていたいモノです。

そういえば、私が一番衝撃を受けたのは、
観客の少なさかな(笑)
開始5分前くらいまで、私ひとりでしたので!






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年12月19日 22時39分11秒

カレンダー

バックナンバー

・2017年05月
2017年04月

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.