22107925 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

綾の光時通信 超コア… New! 鹿児島UFOさん

35歳の少女  第… New! はまゆう315さん

全員同時に来て欲し… New! 虎党団塊ジュニアさん

予約受付中 「♪ピン… New! クルマでEco!さん

LiSA「紅蓮華」期間… BROOKさん

【エール】第20週(10… ショコラ425さん

今日は働きすぎて腰… 俵のねずみさん

希望>『エール』第9… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

2010年01月14日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『あの規格外の刑事が帰ってきた!!』
“昭和の匂いを持った熱い刑事が登場!
 護送車襲撃事件に隠された、10年前の殺人事件とは!?

内容
10年ぶりに京都府警本部捜査1課に復帰する加茂伸之介刑事(寺脇康文)
その前夜、
1人でキャバクラで祝っていると、違法風俗店のガサ入れで検挙されてしまう。
そのまま護送車に乗せられ、府警本部“853”に向かっていると
突然、男(田中圭)が車の前に飛びだして、、、“清水を出せ!”と。
見たところ“清水”はいないようで、パトカーのサイレンで逃げ去る男。

翌朝、加茂を捜査1課に呼び戻した張本人・三原脩太郎捜査一課長(金田明夫)
にバカにされ、留置所からの。。。。捜査1課強行犯六係武藤班に着任となる。
そして着任早々、、、武藤勇作係長(田辺誠一)に酷評される加茂伸之介。
そのうえ佐々木雪子(富田靖子)真島航輝(戸次重幸)酒井十一(林剛史)刑事
からもバカにされる。

と、、浜育実刑事(菅原大吉)が声をかけてくる。
10年前、武藤がやってきてから検挙率が上がったらしい。。
武藤のそぶりから、納得はするが、、、、捜査に加えてもらえない加茂。
そんなとき、、、加茂は護送車に乗せられた人間の履歴を見て、
勘で。。。護送車に“清水”がいると確信。
雪子の協力を得て調べてみると、青木武史(阿部進之介)が、、“清水”だった。

10年前、14歳の“清水”は、72歳の女性を銃で殺した。
その後、少年法の保護プログラムで“青木”に名前を変えていたのだ。
そして、、、女性の孫。。。遺族が、護送車を襲撃した高橋聖一だった。。。。

すぐさま、青木の保護と、高橋の逮捕を命じる武藤。
が、、後手後手に回る武藤班は、青木、高橋ともに確保できず。
捜査に加えてもらえない加茂であったが、1人で勝手に推理し。。。。動き出す。

やがて加茂の推理が当たっていることだけでなく、
その勝手な行動に激怒する武藤は、加茂に、本部に戻るように命じるのだが。。。

武藤“あなたがいた頃の捜査1課ではないんです
加茂“高橋に銃を撃たせない。
  正しいコトするのにやり方なんか無い
  捜査はさせてもらうモンじゃねえんだよ
  デカなら、どうしたってしちまうもんなんだよ

と、、武藤班の想像を超えた動きをはじめる加茂伸之介であった。


敬称略


公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/853/


木曜ミステリー枠としては、“副署長”以来。。。3年ぶりの新シリーズ


言わずと知れた“相棒”で有名な、、、寺脇康文さんの主人公のドラマ

印象としては、、“そのまま”取りだしてきたようなキャラですね。


事件解決のためならば、違法捜査も厭わない!
今の刑事達からすれば、明らかに古いタイプの刑事。


今回は、キャラ紹介などをしながら、
今では考えられない、型破りの捜査をする加茂伸之介を
楽しく、、そして人情モノとして、良い雰囲気で表現した感じだ。

ライバル。。というか、、上司の武藤のキャラとのギャップも良い感じだし、
武藤班の面々の対応の差の出し方も悪くはない。
浜刑事なんて、、、、、良いですよね。。菅原大吉さんの雰囲気も!
キャラのぶつかり合いも、見どころの1つでしょう。

初回としては、魅せ場たっぷりで、
終わってみれば、武藤の凄さを出すところなんて!!

やるじゃないか!

もちろん、加茂の凄さは言うまでもありません。



作品の安定感も見えているし、
うん。。。“水9”でも良かったかもしれませんね。

そんなドラマでした。


そういえば、加茂の過去。。は、どこかに混ぜてくるのかな???







最終更新日  2010年01月14日 21時27分32秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.