19061538 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年02月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『宮廷へ』

内容
安徳海による春児(余少群)への厳しい修行は続いていた。
そんななか、ついに春児は宦官として宮廷へ入るチャンスを得るのだった。

宮廷へ入るとすぐ、教育係・陳蓮元による、厳しい“教育”が始まる。
他の者たちは、ムチを振るわれていたが、
春児は安徳海の教育もあり、キッチリとこなしていき、ムチも飛ばない。
何をやらせても完璧な春児に、いらついていく陳蓮元。
そこで、御膳坊へと、異動させるのだった。
が、、、そこでも完璧な春児は、御膳坊に欲しいと言われるまでになっていく。

まるで老練な宦官。。。ケチのつけようがない春児に
何とかボロを出させようと、陳蓮元は宦官の統領・李蓮英に相談すると。。。
宦官による劇団・南府劇団へと、春児は異動させられるのだった。

完全に下働き状態で、掃除がメインの仕事の春児。


そのころ、皇太后(田中裕子)は、あまり演じられたことのない珍しい演目を
南府劇団に命じていた。
劇団員達は練習さえも苦戦するのだが、
いとも簡単に春児が演じることができたことで、全てを春児に託すのだった。

そして、、、劇が催される日。。緊張する春児。。。
目の前には、、、皇太后と光緒帝(張博)の姿があった。。。。。。。。


敬称略




物語は、

ついに宮廷にやってきた春児である。
今までの苦労が報われ、高まる評価。

そんななか、西太后の前で。。。。。。


ホント、ようやく物語が動き始めた印象ですよね。
っていうか、

いくらネタフリであっても、
ここまで、長すぎたと断言しても良い状態だ。

が、
龍玉。。。はともかく

厳しい訓練のたまもの。。。そういう感じの物語でした。

特に、梁文秀の涙が印象的ですね。。。


ただまぁ、ここまでで、
もう少し2人の関係を描いていれば、
もっと感動的だったでしょうに。。。。。。


とはいえ。
ようやく動き始めた物語。
一気に、西太后。。。ですね。


いや、ハッキリ言えば。
やっとドラマになった感じだよね。

ま、ベタだけど、今回くらいだったら、、、、期待しましょう。

これまでの感想

第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2010年02月06日 22時47分58秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.