20477652 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

アリバイ崩し承りま… New! はまゆう315さん

どうでもええ会>『… New! ひじゅにさん

白1-紅6(宜野座… New! YOSHIYU機さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

綾の光時通信? しな… 鹿児島UFOさん

期間限定アイスクリ… 俵のねずみさん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

こまめ40周年アニバ… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

2010年02月07日
XML
『侍戦隊永遠』

内容
ドウコクたち外道衆が、一気に現世に押し寄せてきた。
志葉家の当主となった丈瑠(松坂桃李)の下、侍も一致団結し
シンケンジャーもドウコクへと挑んでいく!
勝負は一回だけ、、、薫(夏居瑠奈)が、封印でつけた傷跡!!
受け取った秘伝ディスクの力で、
流ノ介(相葉弘樹)茉子(高梨臨)千明(鈴木勝吾)ことは(森田涼花)
そして源太(相馬圭祐)と連携し、丈瑠勝負をかけたのだが。。。。

ドウコクの圧倒的な力の前に敗れ去ってしまう。

それでも、皆の力を合わせればと、、、薫もまた、最後に力をふりしぼり
丹波(松澤一之)が止めようとするのをふりほどき、
再度、、秘伝ディスクを作り上げようと。。。。

一方、倒れた丈瑠達も立ち上がり、心配する彦馬(伊吹吾郎)に見送られ、
もう一度、ドウコクへと挑んでいくのだった!!!


敬称略


なんか、気のせいか、流ノ介、源太が、
ミョーに目立っているような。。。。。

確かに、濃いキャラだし、当たり前と言えば当たり前か。


と言う事で、今回は、本当に最終決戦。


丈瑠『お前達と一緒戦えて良かった。
流ノ介『私の方こそ
ことは『うちもです
茉子『6人一緒だから戦って来れたんだし
源太『丈ちゃん巻き込んでくれてありがとな
千明『よっしゃ、いこうぜ


最後はまさに、力尽くである。

こういう単純な、熱血ぶりは、良いことですね。
細かいツッコミはあるが、

最終的に、“別れ”まで描くだけでなく、
彦馬のオチを入れるなど、

“平和”


まぁ、私の中じゃ、
モヂカラで文字の合体ワザが、、一番衝撃でしたが、
こういうワザがあるなら、もっと使ってみても良かったもね。


最後の最後まで、丁寧なお話だったとお思います。





それにしても、
最後の最後まで、ある程度以上のクオリティで描ききりましたよね。
それは認めるし、認められるべきでしょう。

しかしはじめは“大人も楽しめる”であったのが、
凝りすぎて、微妙に“大人が楽しめる”になったのは、
何度も書くようだが、やはりマイナスと言える。

“枠”の意味って言うのがあるはずで、この枠は本来、平均点あれば十分。
なのに。。。。
100点満点ならまだしも、150以上とってしまった傑作。
だがそれでも、マイナス面は大きいと、私は考えます。

先に書いておきますが
ここをどう捉えるかは、人それぞれ。
気持ちは分からなくはないが、
ハッキリ言って、クイズ番組じゃないんだから、
違う人間なら、感じることは違う。
それでも、同じじゃなきゃオカシイ、、と言うのは欺瞞であろう。
感じ方は人それぞれ。
それが基本だと思います。


さてなぜマイナスなのか?

“秀逸な作品ほど、冷静に見なければ、後でしっぺ返しがあります。”

もともと信者級ですが、痛い目にあい、その気持ちに達したんですけどね。
多くの人が同じ気持ちになっているはずなのにね。
“敵”の作戦にハマリ過ぎちゃってるモンなぁ。。。。今作は特に。
“喉元過ぎれば熱さを忘れる”と言う事なのでしょう。。。。きっと。
でもね、
実はその破滅の責任の一端が、“敵”だけでなく
ファンなどと言われる人種にあるということを
もっともっと認識すべきなんですけどね。
すぐに、自分たちのことを、別の場所に置いておき
一部スタッフへ責任転嫁しちゃうからね。。。。

今作の好評価と評判が、“敵”のおごりを呼び覚まし、
悪夢の再来とならないことを心から願っておきます。

そう。
最近の“あの騒動”に、重なっている部分が多分にあると言う事です。

これまでも何度も書いていますが、
傑作なのは認めても、
傑作すぎるのは危険である。。。と言う事だ。


こう言っちゃ何だが、“記念作品”で、
こういった作品を入れるべきだったでしょうね。。。。

そうすりゃ、落ち込みなども、、どうってコト無いだろうし
際だつ良さも、どうってコト無くなるでしょうしね!







最終更新日  2010年02月07日 15時46分57秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.