21415806 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

純情きらり  第5話 New! はまゆう315さん

ハミルトン優勝 メ… New! クルマでEco!さん

13日の13話>『エー… New! ひじゅにさん

山本さん主演の舞台… ショコラ425さん

球児で一勝を得ず 虎党団塊ジュニアさん

綾の光時通信 白峰先… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「WAVES/ウ… BROOKさん

お昼ごはんとコロナ… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2010年02月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛する人』

内容
はるか(比嘉愛未)の恋人・田沢悟史(平山浩行)の症状は悪化していた。
父・文雄、母・俊子も呼ばれ、
橘(椎名桔平)白石(新垣結衣)から延命措置がなされないと説明がなされる。
残り時間は、少ない。
藍沢(山下智久)緋山(戸田恵梨香)藤川(浅利陽介)も、病院に残っていた。

そんななか、児童養護施設から抜け出したという少女・上野未来(杉山優奈)が、
救急車で搬送されてきた。
治療する藍沢は、未来の体に多くのアザがあるのを見つける。
事故なのか?虐待なのか?

翌朝。意識レベルが低下し、意識障害が起き始める悟史。
両親は息子を楽にさせてやろうと、、、決断をする。
その直前に、悟史は、はるかを呼び寄せたのだが、、、、
はるかに、ドクターヘリの要請連絡が入る。

現場へと飛び立つ、冴島、藤川、森本(勝村政信)
そして、、、その帰路の最中。。。。、、、藍沢は、冴島に報告を入れる。。。。


同じ頃、未来の頭に血腫が見つかり。。。。。


敬称略



藍沢の優しさが、今回のお話を救った感じですね。


すでに登場時点で“最期”を予期させたキャラ。
ようやく。。。。である。

そんななかに、ベタな死と別れの物語を描きながらも、
医師、看護師達の“仕事”を、丁寧に描ききったと言えるだろう。

白石の葛藤する反面で、藍沢は。。。それでも冷静にいようとする。

解剖のあと。。。

白石“これは、生きた証しであり、医師としての最後の仕事だと思います
  冷静に医者として自分の病と向き合おうとした。
  田沢さんは、最期まで医者でした

いままで、ほぼ医師としての姿が描かれていなかった田沢ですが、
一気に“医師”であることを表現したと言って良いかも知れません。

そう。。。。藍沢、白石、緋山、藤川、冴島、、、につづく、、6人目の主人公。

完全に悲しみの物語の中に、描かれたシリアスさ。

まさに、“コード・ブルー”らしい、お話だったと思います。


今回秀逸だったのは、はじめに書きましたが、藍沢でしょうね。

“死”を描く一方で、それでも自分の仕事を続ける藍沢を描く。

今回は、藍沢と境遇がかぶる少女である。
苦しむ少女を救う藍沢。。。。。

“先生は、誰が包帯まいてくれるの?”

まさに、この少女の言葉の状態の藍沢ですが、
その優しさと強さは、今回だけで、十分表現されたと言って良いだろう。

そして、生きると言うことをね!

もちろん。。。最終回までに、、包帯を巻く人を意識するのだろう。。。。



2つの物語を上手く組み合わせ、死と生、人の心を丁寧に描いた今回。
ほんと、、、、重いお話でしたが、かなり良いお話だったと思います。


“ここに座ると、あんたの顔が見える、
 その顔見ると私がどれだけ安心するか。。
 みんな、そうだとおもう
“必要なの、あなたが。あなたも光なの、私たちの。

と言う部分も含め、。。。あ、、、藤川と藍沢の会話も。

それぞれに、“何か”を感じたというお話でした。



それにしても
普通に“感動モノ”のお話を、それぞれの関係などを描き、
仕事までを描ききるとはね!

やるところまで、やっている感じですよね。

おそるべし“コード・ブルー”


これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年02月08日 22時04分48秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.