20530001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

SCANDAL  第9話 New! はまゆう315さん

開幕ローテ予想承り… New! YOSHIYU機さん

隠し味>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

映画「AI崩壊」の感… 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2010年03月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『汚れた英雄』

内容
サルベスタン鉱区の落札に勝利した壹岐正(唐沢寿明)の近畿商事。
石油公社からの援助だけでなく
鮫島(遠藤憲一)の東京商事も出資することになり、掘削が開始される。

やがて副社長となった壹岐は、大門社長(原田芳雄)に代わり
実質的に近畿商事を取り仕切るまでになっていた。
だが、、頭の痛いことが1つ。
掘削開始から3年8ヶ月経過しても、サルベスタンから石油が出ないこと。
3本の井戸を掘り失敗。4本目に突入していた。
石油部長となった兵頭(竹野内豊)に命じ、進めていたモノの
すでに50億以上を無駄にしていた。
そんな四号井も、すでに限界を迎え、兵頭は廃坑を決断する。

近畿商事社内では、サルベスタンへの批判が上がり始め、
石油公社の山下総裁(矢島健一)からは、支援の打ち切りが伝えられる。
それでも、5本目を大門社長に願い出る壹岐であったが、
大門は、撤退するようにと諭す。
“現実から、目をそらしている”と。

兵頭の分析では、5本目から石油が出る可能性は高い。
諦めきれない壹岐は、国際ロビイスト竹中莞爾(清水紘冶)に相談する。
イラン国王が、開発続行を望んでいることを伝え、
田淵総理(江守徹)への、仲介を依頼するのだった。

そんななか、角田業務本部長(篠井英介)から、
大門社長が綿花相場で大損していることを聞かされる壹岐。
重役会議で、そのことを指摘しようとした壹岐であったが、
逆に、大門はサルベスタンからの撤退を命じるのだった。
言い返すことも出来ず、追い詰められていく。。。
そのうえ、鮫島も東京商事のサルベスタン撤退を伝えにやって来て、
手詰まり状態になってしまう。

それでも田淵総理との繋がりが生まれ、わずかな可能性が見え始める。
壹岐は、奥の手を使い。。。。。。。。
ついに石油公社も支援再開を決定、大門も了承せざるを得なかった。

五号井の掘削が開始される中、、、、訃報が入る。。。。。



敬称略



今回を見ていて、
ようやく、谷川のポジションとその意味
そして、これまでの違和感が分かったような気がします。

ま、、書けないことなので、書きませんが、、

そこか。。ということですね。

もしも、この部分がシッカリしていれば、
もっと面白かったのではないのだろうか?

原作を読んでいませんが、
ポイントを見たような気がします。

それならそれで、、、恋バナ、、辞めておけば良かったんじゃ?


そんなコトも感じますが、ま、、良いでしょう。


とりあえず、今回は、谷川はさておき。

サルベスタンで失敗続きで追い詰められる壹岐正。
最後の賭け。。。。も、、、

って言うお話だ。

物語としては、
ほとんど展開がない状態なので、
盛り上がりという意味では、イマイチな部分はあるのだが、

ただ、、脳内補完を入れれば、
壹岐という人物の信念が描かれ、起伏のあるドラマになっていたと思います。

とはいえ、結局、補完している部分。。。
彼の信念ですよね。。。。。

想像。。、、、しようと思えば出来ますが、
表現していないことを想像するのは基本的間違っているわけで、
その部分のマイナスはあるモノの、

今回は、それなりにカットを集めたことで、
『ナニか』。。。信念のようなモノがシッカリ見えた感じである。


次回予告からしても、ある程度まとまるような印象もあり、
今回からの展開であれば、
わずかではあるが“次回が見たい”、、そんな気持ちにさせてくれたお話でした。



やっぱり、里井なのかもね。。。


これまでの感想

第十七話 第十六話 
第十五話 第十四話 第十三話 第十二話 第十一話 
第十話 第九話 第八話 第七話 第六話 
第五話 第四話 第三話 第二話 第一話 






最終更新日  2010年03月04日 23時11分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.