15552960 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

コウノドリ  第6話 New! はまゆう315さん

綾の光時通信:PPAP… New! 鹿児島UFOさん

時うどん>『わろて… New! ひじゅにさん

ネタバレ【わろてん… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「ローガン… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ダンボール 段ボール… New! 簡単支払さん

村上佳佑 セカンドミ… New! クルマでEco!さん

紅葉狩りに行ってき… 俵のねずみさん

実写版銀魂、続編が… みやさとver.さん

ニューストピックス

2010年03月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『引きさかれた愛』

内容
半平太(大森南朋)が去った江戸で剣術修行を続けた龍馬(福山雅治)は、
安政5年
千葉道場において北辰一刀流の目録を、千葉定吉(里見浩太朗)から手渡される。
それは、2度目の剣術修行の終わりを意味した。
定吉“剣の道を究めたからには、
 人としての道も己で切り開いていかなければならん
 楽なことではないぞ。
 その苦難を乗り越えていけば、
 そこに他の誰でもない坂本龍馬の生きる道が見えてくるはずじゃ”

そんななか、別れを前に、佐那(貫地谷しほり)は龍馬に告白する。
“私はあなたのことをお慕い申しておりました
だがそれを聞いても、帰らなければならない理由があると龍馬は告げる。
“土佐には、大事なモンがある”と。。。。

やがて、土佐の坂本家に到着した龍馬は、
兄・権平(杉本哲太)や、姉・乙女(寺島しのぶ)らに大歓迎される。
乙女が結婚しているのに驚かされながらも、
自分の身の上を話す乙女は、好きな人と結婚するよう龍馬に促すのだった。
その後すぐ。。。加尾(広末涼子)に会いに行った龍馬は、プロポーズをする。
“ワシは、もうどこへも行かん。
 おまんのそばにおるき、ワシの女房になってくれんか
 長い間待たせて、すまんかったのう”
龍馬の気持ちを受け入れ、了承する加尾。

同じ頃、弥太郎(香川照之)が、投獄されている安藝奉行所に
吉田東洋(田中泯)の甥・後藤象二郎(青木崇高)が現れる。
藩政に復帰した山内豊信(近藤正臣)により
再び土佐藩の要職に抜擢された東洋は、弥太郎の釈放を命じたのだった。

その東洋は、まず自分たちの禄を下げたうえで、
要職に就いていた柴田備後(北見敏之)を解職。
開国へ向け次々と藩政改革を進めていく。
そして、弥太郎を、海外貿易を行っている長崎へと向かわせるのだった。

そんな職を解かれた柴田に、、近づいていく。。。半平太たち攘夷派
そして、攘夷派の公家・三条実美(池内万作)に接近するため、
柴田は半平太らの利用をはじめるのだった。
話を聞いた収二郎(宮迫博之)は、妹・加尾を京へ向かわせようとする。
だが、龍馬からの求婚もあり戸惑う加尾。
その収二郎の願い出に、、、戸惑いを覚えていた半平太であったが、
加尾のことを知った龍馬から問い詰められ、
逆に、侍としての龍馬の態度を問いただすのだった。
それでも、
“大事なもんは、命をかけて守る”と語る龍馬。

半平太は、葛藤する。
自分の目指すモノは、いったい。。。。。
人選の変更を柴田に申し出た半平太であったが、許されず。
兄・収二郎は、加尾が結婚を進めるならばと自らの切腹を加尾に告げ。。。。


敬称略


↑若干、見た時の印象を含めています。


急激にキレイになった岩崎弥太郎。

牢から出た後、、次のカットでは、、まさに別人!
結局、姿形もそうであるが、香川照之さんの演技からして違っていますよね。。。


ま、、そんな、驚きのシーンもありましたが。


今回は、やはり、4人ヒロインの1人。。。平井加尾と龍馬
その時代に翻弄された、、切ない恋物語。。。。でしょうね。


かなり強引な手段を使って、“自分で決めた”としていますが、
最終的に、龍馬が乗り込んできた時の、半平太と収二郎。

この2人の表情が全てでしょうね。
正確には、、、大森南朋さん、宮迫博之さん。。。というべきか。

彼らもまた、葛藤を続けた。
“大事の前の小事”。。。。

ここで、強引さを前に押し出してしまえば、オモシロ味はなかっただろうが、
丁寧に半平太の苦しみも描いたのは、ほめても良いことでしょう。

そこがなければ、本当の意味での“信念”が見えませんし!

と。そんなコトをキッチリ表現することで、
龍馬、加尾を引き裂いたのは、兄や幼なじみではなく“時代”だと
ハッキリ表現したと言って良いでしょうね。

まさに“引き裂かれた愛”

それぞれの思いがぶつかり合い、時代に翻弄されてしまった人々。
そこに『普通』を求める姿を丁寧に描いたからこそ、

より一層、切なさが増した感じである。



正直。龍馬伝内で表現される“唐突な恋バナ”には、戸惑っていましたが。
今回くらい、丁寧に描かれれば、納得、、、満足としか言いようがない。


まだまだあるんですけどね。。。

次は、、京編、、、でしょうか。
昨日放送されていた、
“龍馬を愛した女たち ~ヒロインたちの龍馬伝~”
という番組でもあったように。

その時まで、、涙は取っておきましょうか。。。


そういや、、“SP”の劇場版の風景も少しありましたね。。。


これまでの感想

第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

http://d.hatena.ne.jp/zeroseven1983/20100307/1267955564
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/222740/21396906






最終更新日  2010年03月07日 22時43分54秒

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.