15429427 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

『この声をきみに』… New! くう☆☆さん

この声を君に  第… New! はまゆう315さん

ネタバレ【わろてん… New! ショコラ425さん

京都編最終回?>『… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「コードギ… New! BROOKさん

月刊Gファンタジー20… New! みやさとver.さん

伝説のトヨタ2000GT … New! クルマでEco!さん

綾の光時通信:養老… 鹿児島UFOさん

懐かしいものが出て… 俵のねずみさん

●ONE PIECE 第792話 … エフショックさん

ニューストピックス

2010年03月13日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
“名探偵”と呼ばれる、、
その男・シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニーJr.)は、急いでいた。
怪しげな黒魔術を使い、罪もない若い女性たちを5人殺した連続殺人犯が、
6人目の犠牲者を出そうとしていたからであった。
情報通りに、とある地下室に駆けつけたところ、
やはり、、ブラックウッド卿(マーク・ストロング)の儀式の最中であった。
遅れてやって来た“相棒”のジョン・ワトソン医師(ジュード・ロウ)とともに、
瞬時に見張りの男たちをなぎ倒していき、ついにブラックウッド卿の確保に成功。
無事、、、生け贄になりかけていた女性も救い出すのだった。
彼らが解決するのを待っていたわけではないが、
スコットランド・ヤードのレストレイド警部(エディ・マーサン)が来たところ、
犯人のブラックウッド卿を引き渡し、“仕事”は終了する。
これで事件は解決した。。。。。かに思われた。

そんな名探偵も、事件が終われば、、、やることもなく。
いつも通りに、怪しげなことを続けていた。
そして、、ふた月ほど経ったある日のこと。ワトソンがやってくる。
ブラックウッド卿の死刑が決まり、卿がホームズとの面会を希望しているという。
それはワトソンにとっても、ホームズとの最後の仕事。
卿の死を確認する仕事を終えれば、
長年一緒に暮らしてきた親友でもあるホームズとの同居を終え、
婚約者メアリー(ケリー・ライリー)と結婚し、
医師として暮らしていくつもりだったから。。。。。
ホームズにとっても、大きな意味の持つ別れは近づいていた。

絞首刑の当日。
ホームズはブラックウッド卿と面会する。
どやら、怪しげな言動を繰り返し、看守達を怖がらせているようだった。
それほど意にも会さないホームズであったが
ブラックウド卿の残した言葉は、妙に引っかかるのであった。
“私は復活する。そして、あと3人死ぬ。。。”
明らかにあり得ない言動。.....そして執行される処刑。
ワトソンもブラックウッド卿の死を確認し、ただの思い過ごしかと思われた。


3日後。目が覚めた時、ホームズの前に“あの女”がいた。
世界中の財宝を狙う犯罪者であるが、ホームズの手から2度も逃れた女。
かつ。。その魅力にホームズが
唯一愛した女アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)だったからだ。
そのアイリーンが妙なことをホームズに依頼してくるのだった。
失踪した男を捜して欲しい。。。ある人物に頼まれている。。という。
まさかのことであった。
何か妙なモノを感じたホームズは、隠れてアイリーンを尾行すると
あのしたたかなアイリーンすら怯える。。。男から依頼を受けている!
いったい、誰なのだろうか?
そんな疑問を持ちつつ、帰宅すると。スコットランド・ヤードから知らせが。。。
ブラックウッド卿が甦ったと!!!
すぐさま墓地へと向かうと、墓は“内部”から開けられたよう。
確認のため、卿の柩を開けてみると。。。。その中には、男の遺体が!
死後それほど時間は経過をしていないよう。
だが、それ以前に..
その遺体の身元こそ、アイリーンに依頼された失踪者リオドンだった!!


敬称略



言わずと知れた、“シャーロック・ホームズ”である

今作は、オリジナル作品として話を作ったそうであるが、
それでも“魅力”は、存分に描かれたと言って良いだろう。


たしかに、
これまで様々な物で描かれたホームズ像は、
今作のようなモノではない。
どちらかといえば、、、ブラックウッド卿役の俳優さんのようなイメージである。

そう
簡単に言えば、、まさに“英国紳士”

が、今作は、少し違う。

その基本はある程度押さえながらも、
ホームズの趣味や行動などを、かなりデフォルメし、
その部分を、より特化させ、

作品として、冒険モノの“シャーロック・ホームズ”を描いたという感じだ。

正直。
個人的に、色々と見てきたり、読んできたりしているので。
一瞬、唖然とした感じにはなりました。

しかし、細かく散りばめられた“ホームズらしさ”
そして演出される“知能”
それらを名優ロバート・ダウニーJr.が演じていることもあり

その魅力からか、違和感は一瞬。。。
そのあとは、、、気がつくと慣れてしまった状態である。

結局、細かく散りばめられたエッセンスも含め、
キャラのブレが少ないと言う事なのでしょうね。

だから、ある程度受け入れることが出来る“ホームズ”だったと思います。


お話自体は、
探偵モノですので、小さなネタフリをしながら、
最終的に、知的に解決!

そして、アクションも、、なかなか、見どころのある感じ。

若くないホームズで、冒険モノを作ってみたら、どうなる?
(ワザと、若くないとしています)

そんな感じである。


多方面からの苦言が少ないようにと言う事もあるのだろうが
ネタフリの詳細さと、作り込みは、スゴイモノと感じるとともに
逆に、観ている者が、理解できない部分があったのも確かであろう。

これは、かなり好みの分かれる部分ですね。

個人的には、“なるほど”と思えることであっても
複雑すぎる部分が、ありますからね!


ですが、世界観。。
我々が“未来”だから、“過去”が楽しく感じられるという
ホームズの基本中の基本は、きっちりおさえていますので。

コミカルさだけでなく、
ホームズの知能。.そして凄さは、
知らない人であってもよく分かる作品だったと思います




かなり褒めちぎっている私ですが...ヒトコト。
ただし、、私が不満に感じたことも書いておきましょう。

全体として楽しめているのですが、
ま、、予告通り、話の展開で3人が死ぬわけなのです。
3人死のうが、2人死のうが、そこは本編には関係ないし
そのウラが大事なので、そこは書かないことにしておきますが。

この3人が、、かなり、展開が辛いモノがあると言う事ですね。
観ていて。。。。2人で良かったんじゃ?
と思うほどに、
冒険者としてのドタバタの魅せ場はたっぷりあるのだが
逆に、、引き延ばしすぎて、、、

まだやるの?

と、、普通に思ってしまいました。
1つのドタバタで、、かなり長かったですからね!
そのうえ奇妙なのは、

事件解決のための説明があるとはいえ
ラスボスとの戦いが、アッサリしていること。。。(苦笑)

予算が無くなったのか?と感じるほどで。。。

もうちょっと、盛り上げのポイントを
ボス部分にしてくれなかったかなぁ...と言う感じですね。
言ってみれば、雑魚で盛り上げすぎ!




と、、、苦言も書いてみましたが、
全体としては、そこそこ楽しめる作品だったと思います。







最終更新日  2010年03月14日 17時06分15秒

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.