19636314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

歴代GT-Rテールラン… New! クルマでEco!さん

令和最初の『紅白』… New! ショコラ425さん

HERO 第2シリーズ… New! はまゆう315さん

失われた20年? 先進… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「マレフィ… New! BROOKさん

ストッキング>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2010年03月14日
XML
『Pの遊戯/亜樹子オン・ザ・ラン』

内容
自分の娘の人形をドーパントにしていたのは、
パペティアー・ドーパントこと、父である堀之内慶應(四方堂亘)だった。
亜樹子(山本ひかる)は、そのやり方に怒りをぶつけるのだが、
次の瞬間、どこかへと消え去ってしまう。

そのパペティアーは、井坂(壇臣幸)のドーパント専門の病院にいた。
人形を失ったパペティアーは無力であったが、井坂は若菜(飛鳥凛)を指差し。。

一方、亜樹子は、人形を見ていて、、
昔、リコ(澤田萌音)と出会っていたことを思い出していた。。。。

そんなとき、竜(木ノ本嶺浩)から、真実を聞かされた亜樹子は。。。。。。


そのころ、フィリップ(菅田将暉)が事務所でいたところに、
クレイドールが現れ。。


敬称略


翔太郎『人形が死んだ少女の姿で会いに来た
 亜樹子は、そう信じている
 それが鳴海亜樹子なんだ。


なんか、ちょっと良いお話なのに、
この台詞を聞いてしまうと、

亜樹子って、、、、変わり者?

と、、そんな印象を持ってしまうのだが。。。
風都だけに、ミステリアス。。としておきますか!



それにしても、これまでのお話に比べれば、
コメディになりすぎてしまった感があるのと同時に
奇抜な物語を、終息しきれなかった印象があります。

無茶をし過ぎたかな。。。。やっぱり。


『リコちゃんがいるよ』

という、、締めではねぇ。。。。悪くはないけど。
ミステリアス!

でいいのか?
こういった物語も、、“あり”なのかな???



ただ、1つわかっているのは、
冴子、若菜、井坂の物語を描いていたため、
ネタフリにはなっているのだが、

今回の物語に、悪い影響を及ぼし、
物語の詳細を練り込めなかった印象があることだ。

基本的に“2つで1つの物語”であるが、
分離しても良かったんじゃないのかな???

ここのところ、
それが“1つのオモシロ味”になっているのは認めるのだが、

描かれてきた“世界観”“雰囲気”を壊しているのも
かなり気になっているんですよね。。。


これまでの感想

第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 第20話 第19話 
第18話 第17話 第16話 第15話 第14話 第13話 
第12話 第11話 第10話 第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


http://d.hatena.ne.jp/HQL00515/20100321/1269176282






最終更新日  2010年03月21日 22時28分04秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.