19409928 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

おしん  第138話 New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

憧れの名車大集合 … New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

その1)水泳の池江璃… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年03月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『究極選択』

内容
勝負のプレゼンの日を迎えた健一郎(佐藤隆太)
が、、そのとき、妹・美奈(宇野実彩子)から連絡が入る。
鳴海(深田恭子)が、腹を押さえ倒れたと。。。。
健一郎は、熊沢(田中圭)に全てを任せ、、病院へと駆けつける。
かなり危険な状態であると医者から告げられるが、
その後治療により、、、なんとか、回復。

無事を確認し、会社に帰った健一郎は、山崎(宇梶剛士)らに謝罪。
暗い雰囲気だったが、熊沢の頑張りで、何とか最終プレゼンに残ったことを知る。
相手は、グローバル中央建設!!!
気合いが入る健一郎であったが、
そんななか山崎から、
岡田社長(石坂浩二)が、奥の手を使おうとしていると知る。
元議員の能美に裏から手を回してもらい、何としても仕事をとる!と。
納得出来ない健一郎は、“理想を失ったらオシマイ”と社長に猛抗議する。

翌日。岡田社長に呼び出される山崎そして健一郎たち。
“手段は、経営者としての役目であり、社員達への責任”と説明した社長は、
健一郎に元議員の能美へ金を運ぶ役を命じるのだった。

そして次の日。悩んでいた健一郎は、、、覚悟を決める。
社長室へ向かった健一郎は。。。。。。。。。。。。


敬称略



前回まで、再び“鳴海へ一途な、、、まっしぐらな男”だったのが、

今回、、、“まっすぐで融通の利かない男”の復活である。



熊沢“お前は、たいしたヤツだよ”

う~~~ん、、、、“今回は”ですよね!?

女にまっしぐらで、仕事をすっぽかしたり、
明らかにいい女を捨てたり、、、

ということは、、無視して。。ということですね????


そういった物語を、今まで展開してこなければ、
納得出来る“まっすぐさ”だったとは、思うんですけどね!



“この子にだけは胸を張っていたい”

って、アルジニアで“みそぎ”をしたところで、
やってきた、、、“妙な方向のまっすぐな罪”
多くの人に迷惑をかけてしまったことは、消えないと思うのだが。。。



ま、、典夫の言葉ではないが、

どこへでも行ってくれたまえ。

人に迷惑をかけないようにしてね!


今回は、以上とします。
これ以上書く気も起きませんので。

ただし、どうしてもヒトコト。

おかしなブレや、説得力の無さなど、
そう言うのがなければ、まだ楽しめたと思いますけどね。。。。

どうみても、
“まっすぐな男”ではなく、、
“自分の好きなように道を曲げて、まっすぐと言い張る男”でした。


これまでの感想
第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年03月16日 23時11分08秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.