21892386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

古畑任三郎3 第5… New! はまゆう315さん

岸部四郎さん逝去  … New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「TENET テ… New! BROOKさん

地獄少女 New! ひじゅにさん

さらば藤川俊介 New! 虎党団塊ジュニアさん

今日の衝動買いは?… 俵のねずみさん

ワンピースバラエテ… クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

【エール】第14週(9/… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2010年03月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『事変』

内容
新撰組は“池田屋”を襲撃した。
遅れて駆けつけた市村鉄之助(須賀健太)は、
沖田総司(柳下大)が、吉田稔麿(荒木宏文)に苦戦するところに出くわす。
“あなたの答えを見つけた下さい”と、沖田に促されるが、
宿敵である稔麿の前に、体が動かない鉄之助。
するとそこへ、山崎烝(榊原徹士)が加勢に入り、窮地は脱したが
まったく体が動かない。。。。
と、、、山崎が稔麿にやられながらも力をふりしぼり、鉄之助を鼓舞
“いつまで死んでんだ、市村!”

ようやく目が覚め、親の敵討ちも含めて、稔麿と対峙をはじめるのだった。
だが、あまりの強さにひるむ鉄之助。
そこへ近藤勇(遠藤章造)が助力し、一気に立場は逆転する。
追い詰めていく鉄之助だが、瀕死といえど稔麿の気合いは鉄之助をひるませる。
そんなとき、、、沖田が現れ、ついに、決着が付くのだった。

しかしその現場に北村鈴(野村周平)が。。。。。。。

そのころ、
池田屋の報告を真夜(大塚シノブ)から受けた桂小五郎(ユキリョウイチ)は、
稔麿が始末されたと知り、安堵していた。。。。

敬称略



ついに、池田屋事件である。

ま、細かいことはとやかく言うまい。

ひとりの少年の成長物語としては、
そこそこ描けていた感じだ。

実際、細かいことを言い出せば、
“キャリアの差”というのが、ありすぎて目移りしているのも事実。

が、そこを感じさせないように演出がなされていたこともまた事実。

そう考えれば、
史実を取り入れながら、
若手俳優が頑張る作品としては、良くできていたと思います。

魅せる演出は、見事だったんですよね。。。ほんと。


少し気になってしまったのは、
序盤の展開に比べれば、後半は話を繋げようとするために
少し引き延ばし気味な部分があったことでしょうね。

とはいえ、
気にならないくらいかな。。。
それ以外の部分で盛り上げてもいましたし。

大満足とは言いませんが、
全体として、そこそこ満足、、、くらいでしょうか。


これまでの感想
第九話 第八話 第七話 第六話 
第五話 第四話 第三話 第二話 第一話 






最終更新日  2010年03月20日 01時31分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.