19058903 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年03月21日
XML
『親子の情』

内容
グラトニーを吸収し能力を手に入れ復活したプライドに、
再び苦戦を強いられるエドとグリリンたち。
その情報をフーじいさんから得たアルは、父・ホーエンハイムにある作戦を提案。

そして、プライドの前にやってきたホーエンハイム。
次の瞬間、アルがプライドを襲いかかるが、、プライドに押さえ込まれてしまう。
だが、それを見たホーエンハイムは、一気にプライドとアルを土のドームで封印。
すべては、アルが考えた囮作戦であった。
まったく身動きが出来なくなってしまうプライド。
それは、アルもまた身動きが出来なくなってしまうことを意味した。
ショックを受けるエドであったが、弟の思いを受け止めるのだった。

エドは、ホーエンハイムらと次の対策を練る中、
スカーたちも現れ。。。。。。

そのころ、セントラルでは、マスタング大佐がブラッドレイ夫人を人質に。。。。






たま~~に
タイトルの意味が理解できなくなる、この作品。

一瞬。“親子の情”って、、なんだ??

と思いながら視聴開始である。



さて、物語は、約束の日のために動き出す!

ま、、そういうことである。

一応、プライドの封印は、アルの覚悟もあり、
思いのほか良い感じ。

もう少し、、、、ホーエンハイムを絡めるかと思っていたが、
こんなところなのかな。。。

プライド、、いや、セリムで、その事を補足していますし。。。

ただ、
逆に、最後のセントラルの部分まで、時間が飛びすぎていたため
いまいち、、ブラッドレイ夫人での盛り上がりには、欠けた感じですね。

いつもなら、入れ替えが多すぎるのは、不満を感じるところですが。
今回は、上手くやって欲しかったところだ。

とはいえ、

緊張感のある戦いは表現されているし、
物語全体としても、“戦い”に向け、、、
良い感じの流れになっていたのは確かだろう



これから、ドンドン進んでいくが、、、
再びセントラルの戦いばかりになるのかな???
主人公達が登場もせずに。。。。

結構、気になる部分である。


これまでの感想

第48話 第47話 第46話 
第45話 第44話 第43話 第42話 第41話 
第40話 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年03月21日 17時41分52秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.