19238211 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

あなたの番です  … New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

9月1日 母からのバト… クルマでEco!さん

「ツインレイ」いま… 鹿児島UFOさん

おめでとう>『なつ… ひじゅにさん

劇場鑑賞「イソップ… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2010年04月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『悲しき女たち』
“悲しき女たち~倫理をこえた母性が賛否を呼ぶ!

内容
エンジェルの家で暮らしはじめた希和子(檀れい)と薫(小林星蘭)
それぞれに何かを抱え、逃げ込んできた家。。。ホーム。
野菜を作り、パンを売る。。。そんな幸せな毎日。
ただひとつ。。
“リベカ”こと薫と一緒にいることの出来る時間が少なすぎるのが、苦痛だった。
ホームの団結のためには、親子の絆は不要だというサライ(高畑淳子)

ある日のこと、久美(坂井真紀)が、夫の家から子供を連れ去ろうと
そのための資金をエンゼル(藤田弓子)の部屋から盗み出そうとしているのを
サライに見つかってしまう。
その思いを知ったエンゼルは、とりあえず、許すことにするのだが、
子供が“息子”=“男”であるため、ホームでは預かれないと言われてしまう。

そんななか、久美との行商を命じられる希和子。
サライが、我が子を育児ノイローゼで殺したと
久美から知らされ驚く希和子であったが、、、
その行商中、仕事を抜け出し、息子に会いに行く久美。
だが、久美のことを覚えていない息子にショックを受けてしまうのだった。
するとそこへ、夫の後妻(有坂来瞳)が、息子・亮太とパンを買いに現れたため、
サービスだとパンを手渡した久美であったが。。。。。。

“お腹を痛めてないモンに、分かってたまるか!”
気持ちは複雑であった。

その年の夏。
島崎紗絵(水沢奈子)という少女がホームを訪ねてくる。
同級生の子を妊娠し、中絶させられようとしたのを逃げてきたという。
でも、、生みたい。。。と。

やがて、、出産。
その後、何事もなかったかのように幸せな日々が続くと思われたのだが、
突然、、終わりを告げる。
紗絵の父・一郎(武野功雄)が、、娘を返せと押しかけてきたのだ。
そして集まりはじめるマスコミ。
このままでは、ホームの存続が無理になっていくと考えたサライは、
警察が介入してくる前にと、マスコミに対しホーム内を解放することを決める。

希和子の決断は早かった。。。。。。



敬称略






それぞれの女たちの悩み、、そして思い
自分も生きなければ!

と言う感じですね。

ま、、、てんこ盛りだったので、
どこをとりだしても、、、

重いぞ...重い。
今まで以上に重いぞ!!!

その印象だけだ。

切なさもあれば、喜びもある。そして苦しみも。。。。悲しみも。。

よくもまぁ、これだけ盛り込んだモノである。

そう感じるばかりだ。
深いですね、このドラマ。

様々なシチュエーションで、、キャラをここまで表現すれば
言うことありません。




ただ、どうしても気になった部分を1つ。

久美『お腹を痛めてないモンに、分かってたまるか

これに対しての、希和子の反応がイマイチに見えてしまったこと。
どう見ても、、、希和子自身もショックを受けても仕方がない言葉なのに、

そこをスルーして、久美の悲しみに同調している。

月日が経ち、
我が子と錯覚するまでになっていると考えることも出来るが
“愛”は理解できても、

妙な違和感が。。。。
“倫理”を超える前に、“論理”を超えているような。。。。


これまでの感想

第二回 第一回






最終更新日  2011年03月11日 01時17分49秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.