19236084 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

9月1日 母からのバト… New! クルマでEco!さん

『ひろしま』1953年… くう☆☆さん

「ツインレイ」いま… 鹿児島UFOさん

おめでとう>『なつ… ひじゅにさん

劇場鑑賞「イソップ… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2010年04月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『夫婦が必死で守りぬく物置小屋で火事が発生!
 理想の家族に隠された悲しい過去とは…!?』
“死者からの脅迫!京都嵯峨野盗まれた妻の秘密!!

内容
京都市内で、造園業を営む高山昭夫(伊庭剛)の自宅にある物置小屋が
半焼する火事が発生した。
小屋の外に灯油のしみこんだ布が見つかり、放火と思われた。
消防車の到着前に、高山と妻・かおる(古村比呂)が消火し、延焼は免れた。

刑事課は、放火事件として捜査をはじめるのだが、
“高山かおる”という名前に反応する洋子(櫻井淳子)
最近ボランティアをはじめた施設で、かおると知り合ったということだった。
おみやさん(渡瀬恒彦)に付き添ってもらい、見舞いに行った洋子。

すると、そこには町内会からの見舞金を持ってきた近所の主婦がいた。
その見舞金の封筒の中に“ワシヅケイスケ”と書かれた封筒があった。
“鷲津”の名前に反応するおみやさん。

それは、、
連続女性恐喝逃亡事件の犯人の名前、、 鷲津啓介(浜田学)だった。
8年前、女性との情事を隠し撮りし、女性を恐喝していた男がいた。
被害額が3000万にのぼり、警察は追跡するが、それを振り切って失踪。
当時、鷲津の部屋に踏み込んだ警察は、大量の血液反応を発見し、
共犯の佐川富士夫(恒松勇輝)も失踪していたことから、
警察は、鷲津が佐川を殺したと考えた。

“ワシヅ”は同一人物なのか?それとも、、、同姓同名なのか?
認知症の姑・サキ(花原照子)を訪ね、献身的なかおるが
何か隠しているわけがないと洋子は言い張るのだが、
おみやさんは、希望的観測だと断じる。

そんななか、高山家の周辺を聞き込みをするおみやさんと洋子は、
妙な噂を聞くのだった。。息子の健人(渡邉甚平)が放火していると。。。
学校へ向かったおみやさんと洋子は、担任の教師から健人について聞くと。
8年ほど前、両親が不仲で、一時的に別居。
そのうえ姑・サキとかおるが、折り合いが悪く、かおるが家を出たことがあった。
その時の心の傷を引きずっている可能性があり、不登校になっているようだと。

話を聞いたおみやさんは“8年”と言う事を重視する。
鷲津が失踪したのも8年前。
大工の話でも、物置小屋は8年前に建てられている。
そして、かおるが健人に対し、執拗に近づくなと叱っている。
なにかがあると考えはじめるおみやさん。

洋子は、かおるが元被害者であり、、恐喝に遭っていると言うが
おみやさんは、問いかける。
では、いったい、誰が放火したのか?
そして聞き込みの最中、高山本人が鷲津を知っているようだったのは。。なぜ?

やがて、高山たちが、何者かの恐喝を受け、金策していることが分かり。。。。


敬称略



とある物置小屋でボヤが発生した。
そして送られてくる、、、迷宮入りした犯人の名の脅迫状

持ち主の夫婦は、必死になって自力で消火をしていた。
何か“秘密”が、、小屋にある!

おみやさんは、そう考え。。。。。。


ま、そんなところですね。

恐喝の元ネタのための夫婦の不仲などを子供の変化などで表現し
そのネタから、殺人事件と、、、、ボヤに繋がるのだから、

事件が事件を。。。。

責任と後悔。すべては物置小屋の下に眠っている!

共犯者となることで、
バラバラだった夫婦が、1つに。。。。

皮肉な結果ですね。


細かい事件云々よりも、事件が事件を呼んだ展開や
歪んだ人間関係が生み出した犯罪と矛盾


サスガに刑事課が資料課の指示で動き過ぎなのは、ヤリスギですが

最終的な、もう一つの秘密。。。。
捻り過ぎな雰囲気はありますが、意外なオモシロ味になっていましたね。

家族愛

間違ってはいるが、ドラマとして面白く、良いお話だったと思います。



これまでの感想

第1話






最終更新日  2010年04月23日 17時45分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.