000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

BSプレミアム 男… New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『おん… New! くう☆☆さん

タマゴサミン つく… New! クルマでEco!さん

千と千尋の神隠し-3 New! 鹿児島UFOさん

【送料無料】32パッ… New! 簡単支払さん

時うどん>『わろて… ひじゅにさん

ネタバレ【わろてん… ショコラ425さん

紅葉狩りに行ってき… 俵のねずみさん

実写版銀魂、続編が… みやさとver.さん

ニューストピックス

2010年04月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『母の手のぬくもり』

内容
継美(芦田愛菜)と逃げる奈緒(松雪泰子)は、金に困り
仕方なく母・籐子(高畑淳子)から、金を借りるのだった。

住む部屋を探し、仕事探しをする奈緒。
そんななか、継美は、やさしい“うっかりさん”(田中裕子)と出会うのだった。
様子を見て笑顔となるとともに、不思議な感覚になる奈緒。

とりあえずビジネスホテルを宿にし始めた奈緒と継美。
そのふたりを、妹の芽衣(酒井若菜)と果歩(倉科カナ)が訪ねてくる。
母・籐子から聞いたらしい。。。

一方、病院で柚川珠美(市川実和子)から、
生き甲斐を見つけるよう告げられる“うっかりさん”こと望月葉菜。
そうすれば、余命が延びる可能性があるという。。。。生き甲斐。。。。。

奈緒は、、、ようやく清掃員の仕事を見つけたのだが、帰りが遅くなってしまう。
同じ頃、ホテルで待っていた継美であったが、熱を出してしまい、
葉菜に連絡を入れる。

ホテルに帰った奈緒は、事態を知り、葉菜の家へ向かい。。。。
“母”の重みをあらためて知るのだった。
そして、自分のコトを葉菜に語りだす奈緒。。。。


敬称略



生きるためには、心を殺そう。
母に捨てられた日。頭じゃなくて、この手が決めたんだと思います。

あの日は母は、私に楽しい思い出を残そうとしてたし
泣いている私を捨てるのは、気分的にイヤだったんだと思います。
あかね色の夕日が、鉄塔の向こうにありました
母が急に、フッとその場にしゃがんで
手に何かを握らされました。
タンポポの種でした。
私はようやく泣き止み、笑いました

それから、母は次から次へタンポポの種を見つけてきて
私嬉しくて笑いました
よく分かっていなかったんです。
笑ったら、その時が合図なんだって
笑ったら、母はいなくなるんだって。
母は私の笑顔を見てそして手を握りました。

新しいタンポポの種をもらうと
私は夢中になって種を飛ばし始めて、気がつくと、母はいなくなっていました
どうして、泣き止んでしまったんだろう
どうして、手を離してしまったんだろう
あの時、笑ったりしなければ
母は、私を捨てなかったんじゃ。。。。

母の顔も背格好も忘れたけど、あの時の母の手の感触だけは
どうしてか今も覚えていて

無償の愛って、
よく、言うじゃないですか。
親は子に無償の愛を捧げるって。
でも、わたし、逆だと思うんです
小さな子供が親に向けるそれが無償の愛だと思います。
子供は何があっても、たとえ殺されそうになっても
捨てられても親のことを愛してる。何があっても。。。。
だから親も、絶対に子供を離しちゃいけないハズなんです
それを裏切った人には、会いたいとは思いません


(一部略)



出会ってはいけないはずの人。
偶然が偶然を呼び、奈緒は、、、会ってしまった。
相手の、、、葉菜は、奈緒であることを知っているのだが。。。。



ま、そういうお話である。


思わず、、書いてしまいましたが
ラストの部分も含めて、、、ドラマ。.っていう感じですよね。

でも、そういうところは、横に置いておくとして。

物語としては、
かなり強引ではあるが、、母との出会いである。


それなりに、感じるモノもあったし。
主人公の奈緒の心にあるモノも、分かったし。

悪くはなかったかな。。。
無理矢理に思い出を語らせていますけどね!

ここで、全てを提示しておかなければ、
後々物語を展開していくのに無理が生じるかもしれませんしね!

ようやく、全てのネタフリ終了。
そんな感じかな。

これから、色々なことが、それぞれに分かってしまったのだから、
物語が動的に展開していくのでしょう。


とはいえ
捨てられた子供が大人になって、子供を拾うって。。。
そんな印象を強く感じてしまいましたが。

ま、いいです。

個人的に、今回のポイントは、田中裕子さんだったかな。。と。
一気に前に出てきましたからね。

この、存在感!

高畑淳子さんの場合、、存在感はあっても
バラエティーに登場しすぎているため、
若干、軽さを感じる部分もあるため、、、田中裕子さんの存在は、
この作品にとって、かなり意味がある感じですね。
ネタの重さ以上の重厚さを感じるところです。




実を言うと、そんなコト以上に、感じてしまったことが1つ。

現在、NHKで、、よく似たシチュエーションのドラマが放送されています。
で、、、今回のお話を見て感じたのは。

究極的には、演出の問題もあるのだが

一方は、“感じる”というところの重点が置かれ
他方は、“丁寧さ”というところに重点が置かれている。

こう言うところが、女性の本か?男性の本か?
そういう見方も出来ると言う事ですね。



次回から、本格的に物語が動くのでしょう。

行動の違和感を感じるとともに、期待感が大きくなっているだけに
“これから”、、、じっくりと見ていきたいと思います。


あ、、、最後にヒトコトだけ。
この作品、、、継美、、、必要なのかな??
今回のお話を見ていて、これまで以上に、その気持ちになったのだが。。。

色々な事情があり、母や葉菜に会って、
物語が展開していても、問題なかったような。。。。

たとえば、葉菜が、里子を育てていて、
その子と奈緒が出会っても良いわけだし。。。。

松雪泰子さん、田中裕子さん、高畑淳子さん。。。
3人の物語だけで、十分成立するような気がします。


これまでの感想
第2話 第1話






最終更新日  2010年06月16日 22時30分51秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.