19055299 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年05月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『友と家族に捧げた涙の倒立…』

内容
航(山本裕典)だけでなく、
航の“ダチ”の亮介(三浦翔平)日暮里(賀来賢人)も加わり、
柏木(AKIRA)を顧問に入れ、活動をはじめた“新・新体操部”

が、、、マットがボロボロであると判明し、怒る航に、、、
悠太(瀬戸康史)は、10万はかかってしまうからと説明する。

そんななか、
市民ふれあい祭りのパフォーマンスコンテストで優勝すれば10万!
と言う広告を見て、参加を提案する悠太。
だが、、航たちは、やらないと言い、、、、無理かと思われたが、
茉莉(岡本あずさ)の女子部が参加すると知り、
航たちも必死になって、練習を開始するのだった。

だが突然、日暮里が、練習を休みはじめ、
航、亮介は、説得を試みるのだが、
日暮里“新体操なんて、やりたくなかった”と。。


同じ頃、もう一つ事件が発生する
三浦工業の緑川に木山龍一郎(大東俊介)が、やられてしまった。。。。
どうやら、赤羽礼治(伊阪達也)が、仕掛けたと分かり、
航は赤羽に怒りをぶつけるのだが、

それを知った悠太は、
“やっていることが最低だ”と。。。航に対して怒ると、
逆ギレする航たち。

そんなとき木山から、日暮里のことを知り、
日暮里の妹・雛子(荒井萌)からも。。。。。。



敬称略


物語は、
仲間になり、新体操を始めたはずの日暮里が、、、なぜだか辞める。。

というお話である。



この手のお話としてはベタである。

ヤンキーモノとしての友情物語。
そして
スポ魂モノとしての物語。



チンピラ風のヤンキーどもを絡ませる必要性があるのかどうか疑問ではあるが

とりあえず、友情モノと、、スポ魂モノを
頑張って融合させている。。。というところだろう。


っていうか、
日暮里なら日暮里だけに絞り込んで良かったんじゃ?

というのが、正直な印象だ。



次の展開もあるのだろうが、
わざわざ、木山でトラブルを発生させるなんて。。。。
必要だったのか???


そのうえ
いつだったか、、
暴力を振るうってことがダメって学んだはずなのに、
ふたたび、暴力沙汰を起こす主人公。

外や、内ではない!!

たとえ、オバカさんであっても、
ここまで、行動の違うことをやられてしまうと、
本当に、ドラマとして破綻してしまいます。

たしかに、そういう人もいるだろうし、
成長の一端だと言えば、それまでなのである

だが、ドラマというのは話数か限られているわけであり、
そのなかで、色々と表現する必要がある。

どこをメインにするのか?
ただのヤンキー物にしたいならば、それでokだろうが
ヤンキー以外が多い、この作品。

その方向ばかりに行ってしまうと、
結局、同種の物と同じ作品でしか無くなってしまう。

それを超え、別のモノを表現するために“普通”のキャラもたくさんいるはず。
・・・・なのだ。


ひとつの原因として、
“脚本家が多くて、整合性がとれなくなっている。”

と言う可能性があるのではないのか???

だから、
解決したような問題を、再発させる。

これでは、ただの“堂々巡り”である。
決して、キャラ1人1人の成長ではない。

キャラを表現すれば、それでokならば
はじめから、“ただのヤンキー物”で良かったんじゃ?

その手のはパターンが決まっているから、数字は低くなるだろうが。。。。。


一応、
まだまだ登場人物の紹介などを行っている状態なのは、理解しているが、
物語を絞るなら絞り込み、無駄を無くし
せめて、ヤンキーだけをするだけじゃなく、
普通の人とバランス良く進めて欲しいモノである。

スポーツ部分だけを見れば、ベタベタで良い感じなのに、
やっていることが、多すぎる!!!

そういう感じですね。。。。
そこそこ面白いし、面白くなりかけているのにね!



これまでの感想
第2話 第1話






最終更新日  2010年05月02日 11時10分43秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.