19050518 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビーチや砂場で大活… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

ナッツと饅頭>『な… ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2010年05月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『チイママの裏切り』
『銀座No.1ホステス派閥大戦争!!復讐ベッド』

内容
“薫子”を探すためクラブ“ゴージャス”で働きはじめた2人の女性。
紗也(桐谷美玲)と美樹(黒川智花)
体を使ってでも、生き抜いていくと宣言する美樹に対し、宣言に反発する紗也。
そんななか、“西太后”日出子ママ(国生さゆり)にアフターを命じられる2人。
紗也の相手は、代議士の鶴田義彦(石橋保)
そして、美樹の相手もまた、同じく代議士の藤村毅(二階堂智)だった。
それぞれ将来の総理候補と言われる人物。

戸惑いながら、覚悟を決め、命じられたようについて行くふたりだったが、
鶴田、藤村ともに、、、、紗也、美樹を抱こうとしなかった。

翌日。抱かれなかったふたりに、怒りをぶつける日出子ママ。
あれだけ生意気なことを言っていたのに。。。。と、ビンタをしようとした時、
止める声が!!
。。。。。。もう1人のチイママ“東太后”百合ママ(原沙知絵)だった。
和服姿の百合ママは、日出子ママとはまったく違う落ち着いた声で、
外へ連れ出し。。。。。生け花。。。
“銀座は、女を売る場所。見た目だけでは真に美しくなれません。
 内面から出てくる美しさがなければならない”と。。。諭す百合ママ。

そして、本格的な仕事が始まり、須藤(遠藤憲一)から説明を受けるふたり。
大ママ真紀ママ(萬田久子)頂点に、
西太后・日出子ママ、、、とヘルプの
しのぶ(滝沢沙織)玲(有坂来瞳)杏子(滝裕可里)
東太后・百合ママ。。。。とヘルプの
唯(黒瀧まりあ)和佳子(折井あゆみ)美咲(小川奈那)
完全に、2つの派閥に別れているという。
必ず、どちらかに所属すると言う事であった。

仕事ぶりを見て、日出子ママに心酔する美樹
一方、紗也は、百合ママに心酔していく。

数日後、ふたりは、、、衝撃的な光景を目の当たりにする。
経済評論家の倉本哲也(風間トオル)という客を巡り、
日出子ママと百合ママが、
それぞれのヘルプを使いながら、争奪戦を繰り広げ、
ついに、倉本は帰ると伝え、二度と来ないと宣言してしまう。

が、その様子を見ていた紗也は、なにかを感じ始め。。。。

敬称略



ベストセラー作家の木内久三。。。

俺は、この子の客になる



今回は、登場人物紹介と、、、店のシステムの紹介

そして、才能を開花させつつある紗也。

そんなところですね。


最終的には、かなり急展開だったので、驚くばかりですが、

ただまぁ、
徐々にではあるが、紗也と美樹。
それぞれのキャラは、丁寧に描いていた感じだ。

少し気になっているのは、
対立部分と、仲良くしている部分が、交互に訪れている雰囲気なところ

本音と建て前は違う。

そう、捉えることも出来るのだろうが、
正直。...入れ替えが多すぎて、

どっちが、本音なのかが、よく分からない感じである。


前回があるから、仲良くしているのは表面だけなんだろうけどね。。。

とりあえず、
派閥も決まったことだし、
次回から、、、大幅に動く。。。のかな???


今のところは、人捜しと言う事がメインに見えているので、
ワンパターンに見えていないのが、、救い、、、ですね。


結局、あれこれ言ったところだ、最後まで楽しんじゃうんだろうが、、、


これまでの感想
第一夜 







最終更新日  2010年05月04日 07時48分40秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.