15601893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

CSINY5  第… New! はまゆう315さん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

免許皆伝>『わろて… New! ひじゅにさん

オフィスチェア ハイ… New! 簡単支払さん

日本一のアイドルは… New! YOSHIYU機さん

鼻パット 遠近Vパッ… New! クルマでEco!さん

ばらかもん Act.124… New! みやさとver.さん

インド古典音楽家 … 鹿児島UFOさん

いろいろ  希望は… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2010年05月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『オトシヨリ最高!王子号泣』

内容
怪物くん(大野智)たちは、バスに乗って。。。お墓参りへ。
席を独り占めする怪物くんは、佐藤フミ(佐々木すみ江)に注意される。
席を譲るよう諭され、ドラキュラ(八嶋智人)からも言われ、渋々譲ることに。

霊園に到着後、ヒロシ(濱田龍臣)とウタコ(川島海荷)の両親の墓に
手をあわせる怪物くんたち。。。
ドラキュラや、ウタコから“良いこと”だと言われるが、納得出来ない怪物くん。
やがて、、、帰ろうとしていたところ、友だちパワー復活!
ヒロシへ、腕を伸ばしイタズラをしたりしていると。、、、
さっきのおばあさんに念力を使っている現場を目撃されてしまうのだった!!
フミから“取引”を持ちかけられる怪物くん。
孫のジョウジになって欲しいと言う。。。。。

バラされるわけにもいかず、ジョウジとなりフミの世話をはじめる怪物くん。
だが、気がつけば、怪物くんは、フミに叱られてばかり。。。
次々と、仕事を命じられていく。。
これは“おせっかい”であり、年寄りの特権だというフミ。

同じ頃、Dr.マリス(飯田基祐)から、
デモキン復活が難しいことを知らされるデモリーナ(稲森いずみ)。
生命エネルギーの低下を補うため、大量の命が必要だという。
デモリーナは、多くの人間から疎まれる“老人”をターゲットにすることに。

一方、フミにこき使われる怪物くんたち。
ついに、怪物くんは、その横暴ぶりキレてしまい、帰ってしまう。
だがバラされては、怪物ランドに帰ることが出来なくなってしまうと、
ドラキュラ達は怪物くんを説得。
フミがいる施設を訪ね、なんとかしようとするが、
その際。。。。フミは、腕を伸ばしているのを見ていなかったと知る。
再び大げんかをして、帰って行く怪物くんたち。
フミは、せいせいしたと言うが。。。。。。

屋敷に帰った怪物くんは、ウタコから、フミには身寄りがないと聞く。
そして縁の切れた譲次という息子がいるが、、、独りぼっち。。。と分かる。
きっと寂しいはずだから、、、会いに行こうとウタコに誘われるが拒絶。

すると、怪物くんは、爺や(半海一晃)に呼ばれ、、、フミの真の姿を見る。
幸せと言っていたのに、、、独りぼっち。。。。
怪物くんは、気づく。。。。その姿は、1人で食事する自分自身の姿だった。
何かを感じ始めた怪物くんであったが、すでにフミは。。。。。。

そのころ、デモリーナは、足りない命を集めるため、
自らの危険を顧みず、人間界に姿を現していた。


敬称略



もの凄いシュールな内容になっていますね。

いままでも、人間の欲を表現してきましたが、
今回は、直接的な感じで、、、、『命』である。


命が必要なデモリーナ。
一方、出会ったおせっかいおばあさんに、自分の姿を見た怪物くん。
だがすでに。。。。

そんな物語である。


それにしても『命』や『老人』を取り上げるだけなら、
言ってみれば『普通のドラマ』であるのに、

まさか、、そこに、『孤独』から、怪物くんと重ねてくるとはね!

ちょっと、驚いてしまいました。
ホント良い重ね方ですし、だからこそ、気持ちが分かるというのは

物語の分かり易さだけでなく、
怪物くんというキャラが、ただの暴れん坊ではないことを表現した感じだ。

そのため、悪魔族との戦いにも『意味』が生まれてくる。
いままでは、“念力”があったからこそ、

戦いに目覚めていた感じもあったわけだが、
今回は違う。。。。“俺のオトシヨリ”。。。
自分自身の生きる意味と、命の価値が行動に表れていますよね。

ま、、、、シュールなんですけどね。。。

デモリーナ“安らかの死んだ方が、幸福”

スゴイ言葉である。


“オイお前、なんにも分かってねえな
 カレーに卵をかけると美味いんだぞ。
 オトシヨリのおせっかいも美味いんだぞ


いままで、ちょっと曖昧だった、
怪物くんの変化が、ハッキリ見て取れたお話だったと思います。

“オトシヨリは、最高です”



しっかし、
ちょっと、ふざけた感じの物語に思っていたのが、
細かい部分を気にしなければ、
意外と良い感じのドラマになりつつありますね。

最後の

“ごちそうさまでした”

も、、良い感じですね。



ドラマの進化が見え始めた感じである。




これまでの感想

第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年05月08日 21時54分30秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.