19074455 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

警視庁ゼロ係 第1話 New! はまゆう315さん

究極のMYO(マヨネー… New! クルマでEco!さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「チャイル… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年05月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『父親を殺された女、記憶を失いつつある男…
 運命に引き寄せられた2人の16年目の真実とは!?』
“16年後の殺人証拠!!容疑者と婚約した女

内容
鴨川東署の兵藤刑事(不破万作)茅野刑事(小野寺丈)星野康夫刑事、
古川刑事(林泰文)高岡刑事(一條俊)らが、連続ひったくり犯を逮捕した。
家宅捜索により押収された盗品の中に、被害届のないバッグが見つかる。
中身は、空っぽの財布に、科学雑誌、ブライダル雑誌。
犯人の大野によると、
カバンを奪った時に、財布はすでに空っぽだったと言う事だった。
おみやさん(渡瀬恒彦)は、財布の中にのバースデイカードに目を留める
“スマイリーキャット”というキャラクター商品で、
“from naoko”と書かれてあったのだ。

おみやさんは、ある事件を思い出すのだった。
“寺川町会社員殺人事件”
16年前、市内の駐車場で谷本良治(加藤寛治)が殺されて見つかった。
財布が無くなっていたのだ。そして見つかったキーホルダーが同じキャラクター。
そして被害者、谷本の娘の名前が“直子”だったのだ。
当時、現場付近では、オヤジ狩りが頻繁に発生し
そのリーダーの高校生・黒川哲郎(井坂俊哉)が、捜査線上に登ったのだが、
事件当時、雨が降っていたため、指紋どころか、ゲソ痕もなく迷宮入り。
1年前に時効を迎えていたのだ。

その後、直子は親戚に引き取られ、落合直子(遠藤久美子)となっていた。
1年前、時効を伝えにおみやさんが訪ねた時、
“犯人が哀れだ”と言っていたという

そして
“罪を償いチャンスを一生なくした。
 一生苦しみ続けるに違いない
と。。。。。

おみやさんと洋子(櫻井淳子)が、直子のもとに向かい、財布などを見てもらう。
よく覚えていないという直子。そのうえ、区切りが付いていると言い、
“生きる力は生きることだけに使いたいんです
 誰かを憎むことじゃ無くて
と告げるのだった。

一方、ひったくり犯の大野の証言から、ひったくった相手は30代の男だと聞き、
おみやさんは、、、黒川のことを思い出すのだった。
現在、黒川は更生し、大手企業にエンジニアとして勤めている。
科学雑誌を持っていたとしても違和感はない。
すぐに、黒川のもとに向かい、事情を聞くが、ひったくりの記憶もないと。。。
だが、おみやさんは、黒川が日本を離れていた期間があることに気づき
もし犯人なら、時効が成立していない可能性があると知る。

やがて、黒川が、、、ひょんな事から、直子とつきあっていると分かる。
これでブライダル雑誌も繋がった。
もしも、襲われたのが黒川なら、なぜ、財布を持っていたのか??
犯人なら、そんな危険を冒すだろうか?どうしても疑問を感じ始めるおみやさん。
そのうえ、黒川が言っていた、、、
“真実が、誰かを不幸にすることがある”という言葉が気に掛かる。
真実とは、いったい何なのか??

そんなとき、捜査資料を見ていて、おみやさんは、ある事に気付く。
事情聴取を受けた人間の中に、
ヘルパーの直子が担当している小柴圭造(下條アトム)の名前があったのだ。
被害者の同僚だった小柴。。

敬称略



ひったくり犯の所持品に中に見つかった1つの財布。
それは、1年前、時効を迎えた殺人事件の被害者のモノだった。

そんななか、奇妙な事実が浮かび上がる。
ひったくられた人物が、当時疑われた男。
そのうえ、男の婚約者は、被害者の娘!?


ということで、
かなり、“作られた事件”ですよね。

今回も、時効事件である。
迷宮入り=お宮入り→時効。。。では、無いハズなんですが。。。

どうしても、その部分の違和感は感じますが、
“時効ネタ”を使うことの出来るタイムリミットは、かなり少ないですので。
数年前に時効。。。なんていうことを、
いつまでも繰り返すわけにもいかないしね!

このあたりは、いずれ頻発する可能性のある“裁判員ネタ”と同じ。
おみやさんの仕事に、終わりが無くなってしまいますからね。。。。

こういったお話を作るって言うのも、悪くはないでしょう。



物語は、時効ネタですね。
ベタな物語と展開で、特に言う事はない。

さすがに、、婚約者の存在は、強引すぎる部分ではあるが、
これはこれで良いのかもしれません。
ミスリードとして、悪くはない感じだし。
“更生”と言う事を表現するネタとしては、
時効によって、結果的に逃げ切ることになった真犯人との対比。

そんなところでしょう。

ただまぁ、、疑問は、
わざわざ、記憶障害をネタにする必要性ですね。
“財布”というアイテムさえあれば、必要十分であり
半身不随程度で十分物語も成立する。

このネタだけは、物語に違和感を残している感じである。

たしかに、真犯人の苦しみは表現できるし、それはそれで良いとしても、
やっぱり“罪は罪”

“復讐されたかった”という言葉や、“思わぬ顛末”では、
やはり、病気を使った“逃げ”に見えている。


“おみやさん”では、その部分は、シッカリ描いて来たのに、
サスガに違和感が残った今回のお話だ。

それこそ、前回の時効ネタは?

そう思ってしまうと言うモノだ。

本来は、1話完結なので、こういう物語でも良いのだが、
“7”では、そういった部分を“おみやさん”は、絶対に許さなかった。
ここまでのシリーズでも同じだ。

特に“時効”には、厳しいのだ。

これで良いのか?????おみやさん



これまでの感想

第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年05月13日 20時56分42秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.