19055665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年05月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『引き返せない恐怖の愛』

内容
朋美(黒木瞳)を東京に帰し、杉山(高橋克典)とも別れ、
1人、、山中湖に留まった大久保(三上博史)は、ついに、、、発見する。
福島(尾美としのり)と真理子(宮地雅子)が乗っていたと思われる車を。
大久保“謝るくらいなら、こんなバカなことをするな
 無責任にもほどがある
 これからどうするつもりか、ちゃんと答えろよ 
説得を試みる大久保であったが、

福島“ぼくたちは、人生を捨てたんだ。もう引き返せない。
と言い残し、立ち去っていくのだった。

そのころ、家に戻った朋美。
だが、夫・誠一郎(吹越満)と嘘を付き合い。。。娘・彩(大平うみ)とも。。
“普通の生活”に戻ったつもりだったが、朋美の心には、杉山だけが占めていく。

一方、杉山家では、帰宅した夫に対し、疑惑を抱く妻・佳奈子(須藤理彩)
部下の竹原(八神蓮)にも、嘘をつき、どこかへ行っていたよう。どこへ??
出張のハズだったのに。。。。。

そんななか、大久保が編集長を務める週刊誌“週刊プライム”に
福島と真理子の失踪記事が載るのだった。
“国交省エリート官僚が、同窓会で再会した女と失踪”
卒業写真まで掲載され、怒る朋美、陽子(斉藤由貴)そして、亀村(六角精児)。
そこへ、杉山も駆けつけ、大久保のやり方に苦言を呈する。
だが大久保は、開き直ったかのように、福島たちに呼びかけるつもりと言う。
それでも怒りが治まらない杉山は、大久保に殴りかかり、、、
“友だちだから頭に来たんだ。大久保だから殴ったんだ。
 おれは、お前のやり方を認めない”
と、、杉山は言い残し、店を出て行くのだった。

朋美、杉山、大久保、そして陽子の4人は、
福島と真理子のように、何かが変わりはじめる。。。。。。

敬称略



“みんな、曲がり角にさしかかっていた
 もし、同窓会がなかったら、こんな事には、ならなかっただろうか
 誰も悩むことは、無かったのだろうか


ラブ・アゲイン症候群。。。。
同窓会により、再び燃え上がる恋心。

1つの事件をきっかけにして、同級生と会ううちに
それぞれ。。。。変化していく心。。。。そして、いままでの生活。

そして、人間関係。


そんな感じの“変化”が、表面化しはじめた今回のお話である。

もちろん、それぞれの“嘘”も表面化していく。。。。

“人間なんて、そんなもんだよ
 自分を大きく見せることに、躍起になってる。”



ついに、それぞれの歯車が、いろいろな意味で動き始めた。
そんなところだろう。

サスガに、4人の家族が絡みすぎているため、
わずかだが混乱する雰囲気も漂ってはいるのだが


“嘘”から生まれた“疑惑”
そして、同窓会をきっかけにして、揺れる心。。。

そんなモノが、気持ちも含め、見事に絡み合っている感じだ。

いや、もしかしたら、
高校を卒業し、積み上げてきた“生活”が、、崩れはじめた。

と言う方が、正確なのかもしれませんね。


それにしても、いろいろと描きましたよね今回。
物語が進展しているかどうかで言えば微妙なのであるが
次のことを考えれば、全てを動かせば、こんなところだろう。

絡み合っているのが、良い感じで、
満足感は高いのだが、


もう少しストレートな部分があっても良いかなぁ。.と。
“嘘”が多すぎて、。。。
大事件なんだから、素直に話せばいいのに。。。。

そんなコトも、今まで以上に感じた今回でした。

ほんとは、そういったモヤモヤ感が多すぎるため
楽しめている部分と、楽しめていない部分があるのも事実で、

4人いるんだから、もう少し進めていれば、
きっと、、もっと楽しめたでしょうね。。



しっかし、まとまるのか???


これまでの感想

第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年05月13日 21時58分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.