19053443 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年05月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『失われた信頼…汗と涙の合宿』

内容
木山(大東俊介)も新体操部に加わり、土屋(冨浦智嗣)はマネージャーとして、
再出発の新体操部。
そんななか、祥子(国仲涼子)の骨折りにより、帝都大学での合宿が決定したと、
柏木(AKIRA)から発表されるが、航(山本裕典)亮介(三浦翔平)は拒否。
だが、茉莉(岡本あずさ)たち女子部も参加すると聞き、即決する航。

同じ頃、土屋は、水沢(柳下大)の様子がおかしいことに気づく。

そして
合宿が始まってすぐ、大学の高杉直哉コーチ(神保悟志)に命じられたのは、
火野(西島隆弘)が、、、ライバルの鷲津学院と練習するというのに、
悠太(瀬戸康史)や航たちは、、、なぜか、雑用ばかり。
練習できずにキレる航に対し、
高杉はマットには上がらせないと宣言し、挑発してくるのだった。
怒りに打ち震えながら、航たちは、必死になって雑用をこなしていく。
ただ、、、水沢1人を除いて。。。。

悠太は、サボってばかりいる水沢を叱るのだが、
土屋は知っていた....水沢が木山のことを好きであることを。

そんなとき、航は、高杉から諭される。
“ここは、新体操を志す者にとって特別の場所だ
 今のお前にココに立つ資格があると思うか
 それだけの汗を、お前は、かいたか?

翌日から気合いの入り始める航に引っ張られる新体操部の面々。
一方で、日本代表選手のコーチをする火野の父・火野雅治(升毅)から
火野は辛い言葉を投げかけられていた。。。。

そして、、、事件が発生する。
水沢が木山のことが好きであることが、他の部員達にバレ、
鷲津の部員だけでなく、女子部員達からもからかわれる部員達。
部員達は、戸惑いを覚えはじめ。。。。。。。。



敬称略


ドラマだし、どんな内容になっても良いし、展開しても良いのだが、
水沢に話を聞きに行くの、、、、悠太じゃなく、航なんだ。。。。

そら、何らかのカタチで、水沢のことを知っていたかもしれないが、
キャプテンなのに?
きっと、航よりも付き合いが長いはずなのに?

悠太。...何してるんだろ。。。

そういうキャラと言うことで良いのかな???

で、結局やったのは、“朗読係”ですか。


この悠太というキャラは、
ビシッと言う時は、いろいろ言っていたし、行動していたのに、、、
戸惑いは分かるが、今回は、責任感がイマイチ感じられない。

よっぽど、航や水沢の方が、観察眼があるような気がする。
みんなを想う気持ちも。


航と悠太

対比させるキャラなのだから、もう少し役割分担すりゃ良いのに。。。。

熱血モノで走っているの航だけだし。。。。。


言い終わって駆けつける他の部員達!?


主人公を立てなきゃならないのは分かるが、
もう少しバランス良くやって欲しいモノです。


考えてみれば、ここまで航を前に出しているこのドラマですが、
奇妙なのは、

航の影響をみんなが受けている感じではないところ!

結果的に影響を受けているような、無いような感じで
なんか、不思議なキャラバランスと展開である。

訴えかけている感じでもないし。。。


全否定するまでではないが、
結局のところ、
事件を発生させ、1人主人公の航が解決しているだけだもんなぁ。。。。。


悪くない感じになりかけているところもあるのに、
人間関係と役割分担、、もうちょっと、ナントカならないのかな。

航以外の登場人物がいる意味が、だんだん無くなっているような気がします。








最終更新日  2010年05月16日 08時56分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.