19064116 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年05月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『われら時の番人』

内容
タイムスクープ社のジャーナリスト沢嶋(要潤)が、今回飛んだのは。
西暦1807年文久4年。。。下総国
城の太鼓櫓から、東の空を見つめる男・組頭の長倉文次郎。。。
“時太鼓打”
日の出とともに太鼓を打ち、香時計に火をつける。。。時の番人である。
江戸時代、不定時法という時間法が使われていた。
夜明けと日暮れを基準として1日を昼夜、それぞれ6等分し“時”を決める。

昼夜3交代制で行われる、時の太鼓打ち。
彼らの太鼓の音は、城内だけでなく城下の人々にとっても重要なモノだった。

ある日のこと上司の鷲津が訪ねてくる。
深夜。.四つ時の“時”を打ち忘れているという苦情が入ったと言う。
打ち忘れた伊勢六郎太に話を聞いてみると、香時計の火が消えていたと言うが
そのとき、、、六郎太の異変に気づく文次郎

六郎太は、夜盲症を煩っていたため、夜の仕事で打ち忘れたよう。
もう1人の仲間・斉藤富右衛門は、、知っていた。。。
だが、このままでは、、六郎太はクビになる。
なんとかしてやりたい。。。。
そこで文次郎は、上司の鷲津に、機械時計の導入を打診するが、、、
ひっ迫する藩の財政では、導入は難しいと言う答えが返ってくる。

しかし、翌日、、、鷲津の方から、導入しても良いがと。。。
ある条件を持ちかけてくるのだった。。。。

時を打つのを融通せよと。。。。仕事を早く終わらせることが出来ると。
“時の番人”のプライドにかけて、そんなコトが出来るわけ無く。。。

考えた末、文次郎達が出したのは、3人で金を出し合って機械時計を買う!
たまたま城下の道具屋で、良い出物があったらしく、決断する3人。
買いに出かけた文次郎たちだったのだが。。。。。。

敬称略




なるほど、違う香を並べるのか!!

なるほど!!

最終的な部分で、いきなりネタフリしたので、

あっ!!って思いましたが
その方法は、サスガに、思いつきませんでした。

まさに“発明”

必要は発明の母。。。というところですね。

なるほど。


お話自体も、トラブルを出しておきながら、
寺でも時を知らせているという説明もなされ、

事件を事件だけで終わらせないのも、良いアイデアでしたね。

終わってみれば、ちょっとした人情モノだったのも
なかなか、良い感じだったし。

劇的。。。いや、ドラマとは、こう言うモノだろう。


“香時計”。。。“香”か。。。。








最終更新日  2010年05月18日 18時03分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.