19042371 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

北海道150周年記… New! はまゆう315さん

小柳ルミ子さんなつ… New! 俵のねずみさん

なつよ、恋の季節が… New! ひじゅにさん

永遠のニシパ ~北海… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

お散歩 New! うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… New! 鹿児島UFOさん

総アクセス900万… ショコラ425さん

今日の収穫 (7月… BROOKさん

チャリウッド YOSHIYU機さん

2010年05月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『復讐のプロポーズ』

内容
外資系ホテルのコンペを真絵美(篠原涼子)のセンスで勝ち取ったレゴリス。
直後、蓮介(木村拓哉)は、真絵美を専属デザイナーとし、
シュウメイ(リン・チーリン)をイメージキャラクターとする新プロジェクトの
責任者に真絵美を任命するのだった。
担当だったはずの笠原由紀(中村ゆり)と小泉桂一(水上剣星)は困惑する。
それでも、、、決定が覆るわけが無く。。。。。

その後、真絵美は、シュウメイのポスター撮影を始めるが
突如豹変したシュウメイの態度に、風見(松田翔太)は、妙なモノを感じる。
シュウメイに話を聞く風見、
すると、、、“あの人の心を奪って、捨ててやる”という答えが。。。。。

そんななか、娘の存在を知ったシュウメイの父・ハンヤン(田口主将)が
シュウメイの前に現れる。探していた父が見つかり大喜びのシュウメイ。
だが、蓮介は、ハンヤンについて調べるよう風見に指示するのだった。

同じ頃、蓮介のまえに“マストポール”社長の大貫照源(長塚京三)が現れる。
レゴリスとの提携だった。。。。。だが、断る蓮介。

一方、雉畑籐吾(渡辺いっけい)は、
嶺岡(川平慈英)のことで蓮介を諭そうとするが、まったく受け入れられず。。。
“最初から、こうではなかった。。。.”


敬称略


↑なんか、、結構、箇条書きである

実際、そんな感じですよね。。。。
繋ぎって言うか、、、接続詞がない状態で場面転換ばかり。
行動の“芯”が見えず、物語のメインがどこにあるか分からない状態で場面転換。

結果、何をしているか?ではなく、何がしたかったのか?が
分からなくなっているような気がします。わずかですけどね。


とはいえ、
前回の途中から表現されていたように、
わずかではあるが、人間関係のやりとりが描かれているので
ドラマとしては、少しだけオモシロ味がある。
それに、“主人公は木村拓哉”と言わんばかりの演出になっているため

物語のブレが少なくなった感じですね。

そう。ほんの僅かではあるが、“ドラマのようになってきた”と言う事!!

もちろん、ドラマが面白いかどうかとは、別のお話である。


それにしてもまぁ、“大人の事情”からか。。
前回、前々回、“プロモーションビデオ”状態だったためか
その尻ぬぐいをするかのように、

今回は、主人公のキャラ紹介も含め、ネタフリなどがてんこ盛りである。

言ってみれば。
今回が“初回”のような感じですね...詰め込み過ぎだけど。。。

でもね、
結局、無駄そうに思える人物達のやりとりであっても、
主人公が何らかのカタチで関わっていなければ、何の意味もないわけで。

そのあたりが、シッカリ描かれた今回。。。無駄が少なく見えましたね。
それだけでも、物語に“一体感”を感じます。

恋にしても同じ。。。。

あとはまぁ、完全に好みの問題に突入している感じだ。
ってか、

個人的には、今回が初回で良かったんじゃ?
説明なんて、セリフでごまかせるだろうし。。。。

なんてことを、感じてしまいました。



こう考えてくると、
無理にドラマチックにした、前回と前々回がもったいない感じだ。

それはそれで、アリなのだろうが。。。。。。
木村拓哉さんへの絞り込みがあれば、キープできていたでしょうに

いやまぁ、、スマスマのための作品なのかな??






最終更新日  2010年05月25日 00時53分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.