15318727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

帯ドラマ劇場『やす… New! くう☆☆さん

美女か野獣   第… New! はまゆう315さん

綾の光時通信 秋の… New! 鹿児島UFOさん

二番目>『ひよっこ… New! ひじゅにさん

●ハピネスチャージプ… エフショックさん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

月刊Gファンタジー20… みやさとver.さん

ごめんなさい ショコラ425さん

トヨタ 2000GT 生誕5… クルマでEco!さん

夜の新宿〜裏通り〜… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2010年05月26日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『声』
“声~割れた鏡に女性記者の秘密!?

内容
留美(松下由樹)が、雑誌の取材を受けることになった。
“週刊太陽”の斎田梨緒(前田愛)から、検視官心得となった留美への取材。
男の世界で働く女性の苦労話などを聞きたいという。
そんななか、臨場要請が入る。

向かったホテルには、女性の変死体があった。
倉石(内野聖陽)留美、永嶋(平山浩行)が、駆けつけると、
捜査一課に異動となった一ノ瀬(渡辺大)もいた。。。
検視を始める倉石は、明らかな扼殺痕などから、殺人と断定する。
その女性の死体が運ばれて行く中、、、梨緒の目が気になる倉石。

やがて、身元が割れる。被害者は、野々宮咲子。主婦。
加害者は指紋などから、前科三犯。以前女性を扼殺し10年の実刑。
1年前に出所した男・安藤高一(高橋克明)が浮かび上がってくるのだった。

その直後、梨緒が書いた。安藤を糾弾する特集の記事が掲載される。
反響が大きく、編集長の井ノ上公平(松澤一之)は、鑑識に連絡を入れるほど。
が。。同時に、、、“死ね”という脅迫電話がかかってくるようになる梨緒。

そして、何者かに襲われる梨緒。
通りがかりの人の助けにより、命は無事だった。
それでも、必死になり、追及する姿勢を崩さない。

だが、、、、そんななか、事件が発生する。
捜査一課が“張り番”をしていたはずの梨緒が、変死体で発見される。

倉石達が到着すると、部屋には、“死ね”などというファックスが。。。
メールにも、、、、死ねと言う文字の羅列。割れた鏡に、額に傷。
梨緒の腹部にはナイフがあり、状況は殺人だと思われた。
だが倉石に命じられ見立てた留美は言う。
現状に残された壁のへこみの高さが、腹部のナイフの柄の高さと一致。
そのうえ、防御創が見つからなかった。。。。
“自他殺不明”と見立てる留美。

やがて、捜査一課が、安藤を確保するが、違った。
もしも殺人事件なら、顔見知りである可能性があった。
だが、留美は、取材の中で感じていたことを一ノ瀬に伝える。
自殺をするわけがないと。。。2人の男の名を。。。。。
聞き込みを始める捜査一課。
編集長の井ノ上は、女の電話に呼び出されていたと言い。
また、引き抜き話で言い寄っていた
“週刊春秋”の編集長・大貫孝(清水明彦)も同じコトを。

その状況を見て、倉石は留美を諭す。
“お前の仕事は、なんだ?
 死んだ彼女の声を、根こそぎ拾うことじゃねえのか?
 犯人ありきで見立ててどうする。
 状況、物証、ありとあらゆるモノを根こそぎ拾って
 積み上げてこその見立てじゃねえのか!
 お前、根こそぎ拾ったのか?”


敬称略



なるほどね。

まず殺しがあり、見立てて、捜査をする。

その順序を変更してみました!

そんな感じですね。


まずゲストを登場させ、キャラを描いていきながら、殺人。
今回は、検視をするのが関わりのある留美。

逆に、留美だからこそ、いや、女性だからこそ
物語の方向がいつもと違っても、面白い感じになっていますね。

そう。被害者に感情移入させているのである。

また、その一方で、
今回から、再始動の、、、一ノ瀬“刑事”
検視の仕事を感じ始める永嶋

と、、上手い具合に、メンバーも絡ませいる。

当然、一歩先に進む倉石の姿も、良い感じで物語を整えている感じだ。


1つの可能性について言及する留美に対し

“オレのとは違うなぁ
 ホントに憎いのは男なのか?
 ホトケの声に耳傾けりゃ、わかるこった。

そして、たどり着く真実。

“死ね。お前なんか消えてなくなれ”
と言う言葉の、本当の意味。

男を憎み、それが、、女であるという自分自身を憎むようになっていった。

なかなか、重いお話である。

登場人物の役割分担なども含め、
ようやく“新章”のカタチが見えてきたお話でした。



ただね。。
真相に近づくためとはいえ、
ボイスレコーダーの使いすぎには、違和感を感じます。、

ある程度は、仕方あるまい。
あまり他人との接触の無かった死者の声を聞かなければなりませんし!

でも、今回は、使いすぎだよね。。。。


ちなみに、あのやり方で、、、というツッコミは無粋ですので!


これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年05月26日 21時57分34秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.