19083782 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ベビーシッター・ギ… New! はまゆう315さん

7月24日0時から 東… New! クルマでEco!さん

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ 俵のねずみさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2010年05月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『消えた少女の真実』

内容
広告代理店勤務の遠野果歩(黒坂真美)が失踪した。
同棲中の婚約者で、広告デザイナーの奈良橋良介(津田寛治)がいたが、
捜索願を出したのは、
元刑事で高城(沢村一樹)の同期・坂下静香(財前直見)だった。
静香は、失踪人捜査課の面々も良く知る元刑事。。。
果歩のことを、娘の命の恩人だという静香が心配し捜索願を出したと分かる。
三浦室長(遠藤憲一)から、怪しいところはなかったかと聞かれる静香だが、
そこへ、、高城がやってきて報告する。
奈良橋もまた、1週間前から失踪しているという。。。。

ふたりが働く会社で、上司の神保から話を聞くが、失踪理由が見あたらない。
やがて、ふたりが銀行口座から金を残額下ろしていることや、
時間差で姿を消していることから、駆け落ちの可能性も考え始める失踪人捜査課。

一方で、高城は、駆け落ち理由として奈良橋に妻がいる可能性を考えるのだった。
そして浮かび上がる弁護士である妻・奈良橋和子(筒井真理子)。。。
一流企業の顧問弁護士として、怖れられている弁護士。
別居中の奈良橋との間で、離婚のことで、もめ続けていると分かってくる。

三浦と法月(小日向文世)が、和子へ聞き込みに行くと
かなり高慢な態度で、奈良橋達のいる会社に圧力をかけていると分かる。
2人の関係を壊そうとするかのように。

そんななか現場に残っていた血痕のウチの1つが、果歩のO型と推測されたが、
それ以外に奈良橋夫婦A型でもB型でもないAB型の血液型が、見つかる。
犯人は、AB型!!

高城は、静香の行動に疑問を抱いていた。
娘・寧々がいると言うが、話そうとしない静香
結婚をして警察を辞めたと言うが、誰ひとり、、、夫の存在を知らない。。。
そして血液型は、、、、AB型。。。。

敬称略



大雑把に言えば、

失踪人捜査課に捜査願いを出したのは、
捜査課の面々も良く知る、、、もと捜査一課の刑事。
高城の同期の女刑事だった!

ま、、、そんなところだ。

もちろん、そのままでお話を進めても、
人間関係があるから、オモシロ味のあるお話になったろうが、

そこは、、元刑事。
元刑事が、行動した、、本当の理由があった!

と、、二段階で、物語は展開している。


明らかに高城が、疑っているし、ネタフリもされているので
展開は、読めてはいるが、
緊張感もあったし、ミスリードも抜群だったと思います。

それに高城というキャラも、ドラマティックに描いていますしね!

“お前は人殺しなんか出来る人間じゃないだろ”
“なんで分かったの
“俺はお前を信じてたからだよ。

人間関係が先に存在しているからこそ

“お前は罪に問われている。娘に会う前に、すべきことが山ほどある”

など、ベタだけど悪くはない感じ。
高城の過去も絡めていますしね!

ただ、ネタや展開だけでなく、
人間関係が先にありきでの物語だったので、
結構オモシロ味のあるお話だったとは思うのですが


サスガに、、最後の5分程度で、一気に事件解決は、無茶した感じですね。

ハッキリ言えば、一気に解決しすぎて、
盛り上げることが出来たのに、肩すかしの印象
が。。。少しあります。

それと、もう一つ。なぜ、この女刑事をターゲットに?
と言う部分の究極の疑問は存在する。

そこさえ穴埋めできていれば、
もっと面白かったかも知れませんね。


それにしても、考えてみれば、、、
事件を描いてはいるが、
登場人物。。。動きが小さいですね。
えっと、、聞き込みも2回かな。
物語を描こうとし過ぎて、捜査をしているように見えない感じである。

ま、、、楽しかったけどね



この後
高城の過去を描くのかどうか知りませんが、
そのときは、今回の刑事達が、色々登場するのかな??

これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年05月28日 22時22分45秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.