000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

傑作はまだ  瀬尾… New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

2017年限定発売「SUB… New! クルマでEco!さん

ナッツと饅頭>『な… New! ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2010年06月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『駕籠かき突破口!』

内容
今回、タイムスクープ社の沢嶋(要潤)が飛んだのは、西暦1707年。信濃国。
取材対象は、“駕籠かき”、、、駕籠に人を乗せ運ぶ仕事である。
密着取材に応じてくれたのは、俊平、留吉。
農村出身の2人は、一念発起、、、駕籠かきを始めたのだが、
サスガに、、、甘く、、あまり仕事はなかった。

そんなある日のこと。黒金宿へ向かってくれと言う女性・おせんが現れる。
80キロほど離れている。。。。急ぎではあるが、久々の仕事。。快諾する2人。
沢嶋は、駕籠にマイクロカメラを取り付けさせてもらい、密着取材をはじめる。

足に自信のある2人。急ぎだというので飛ばしていたのだが、
おせんが、乗り物酔いをしてしまい、スピードを遅くすることに。
そのうえ、リズムよく走るためのかけ声を辞めろとまで言ってくる。
が、、もしも、上手くいけば、新しい仕事が、、、と考え、我慢して走り始める。

すると、、30キロを過ぎた当たりで、再びトラブルが発生する。
土砂崩れで、道が通れない!
迂回しなければならなくなるが、まっすぐにと、、山道を進むよう命じるおせん。
荒れた宿場もあり、辞めるよう説得しようとするが、
どうしても、、、と、、、渋々引き受けることにした2人。

夜も更け。。。ついに、目の前に怪野宿が現れ、何とかやり過ごそうとするが、
妙な者たちに追いかけられはじめ、、、必死に逃げる俊平と留吉。

しかし、努力の甲斐なく、、、約束の日の出までに到着できなかった。
再びクレームを受けるかと思っていたが、
無理を言ったことを謝罪するおせん。

目的地に向け、再び走り始めるのだった。


ようやく、黒金宿に到着したのだが。。。。。。


敬称略




名もなき若者達。。。。駕籠かきをする若者の生き様。


お話自体は、いつもどおり、
駕籠を担ぐ取材対象者が、トラブルに巻き込まれると言うだけなのですが、

良い感じで、駕籠の説明だけでなく
宿場の説明なども、かなり上手く絡めたお話だったと思います。

いや~ほんと、上手かったですね。

確かに、駕籠だけだと、表現できることは少ないんですよね。

フリーの若者に絞り込んでいる時点で、事件を発生させる必要があるということ。


それでも、事件で飽きさせないだけでなく、
乗り物酔いに、女郎など、
街道筋のネタを、わずかではあるが、キレイに説明した感じだ。


ま、、事件を描かずとも、
宿場町の様子を描くというコトでも良かったとは思うのだが、

そこは、、タイムスクープハンター。。。
これがパターンとなってしまっていますので、仕方ないでしょう。



ということで、シーズン2も、最終回である。


シーズン1に比べれば
思わぬネタを入れ込んだり、時代をばらまいたりと
かなり工夫が見られたシーズン2だったと思います。

ただまぁ、
何度も書いているのだが、トラブルだよね。.トラブル。

もしも、、シーズン3があるなら、
トラブルの発生を抑えたお話を1つ、2つ作って欲しいモノである。

というのも、パターン化しすぎているため、
時計を見て、、、『そろそろだな』と、、待ち構えてしまい、
あまりサプライズがないんですよね(笑)

面白いことは、面白いんだけど、
基本的に『取材』なのだから、聞いたお話でも良いと思います。


シーズン3を期待して待ちたいと思います。

っていうか、、、なぜ、1クールなんだろう。。。2クールで良いんじゃ?







最終更新日  2010年06月08日 17時45分59秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.