19055699 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年06月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『病巣』

内容
容体が急変し死亡した末期ガン患者の寺内(でんでん)
田口(伊藤淳史)白鳥(仲村トオル)らの調べで、殺人の可能性が浮かび上がり、
三船事務長(利重剛)が、警察に連絡。
やがて、県警から武田剛(山中崇)刑事ら捜査員がやってくる。

白鳥はみんなを前にして、警察に状態を伝える。
弥生(浅見れいな)が和泉(加藤あい)に寺内の容体の異常を報告後、
和泉が鎮痛剤を処置。
その後、弥生が寺内を泌尿器科に移動させ、転科の申し送りの最中に、
寺内が姿を消し、、、階段で発見された。
姿を消した1時間の間に、医学の知識がある者が首を絞めたと白鳥は断言する。

白鳥からの報告後、武田達は救命救急センターのメンバーに事情聴取。
監視カメラはあるが、それぞれがアリバイがあるような無いような状態。
長谷川(戸次重幸)は、病院にいなかったためアリバイがなかった。
速水(西島秀俊)花房(白石美帆)に至っては、
カメラさえない速水の部屋にいたという。
だが、白鳥は、もうひとり。。。と指摘する。。
メディカル・アソートの佐々木(堀部圭亮)も、事件の時、、、病院にいたのだ。
寺内が、白鳥達に鴨志田のことで話をしようとした矢先の事件。
白鳥は佐々木にも疑いをかけたのだった。

そんななか、長谷川が病院にいなかった理由を白鳥に話をする。
転職を考え別の病院にいたという。
すると長谷川は、何か思い当たったかのように、、、ある事を思い出す。
花房が、あわてた様子だったのを、現場付近で見たという。
ちょうど犯行時刻に!

その事を花房に問いただす白鳥と田口。
だが、多くを語ろうとせず、誤魔化し立ち去っていく。
まさか、花房は、、、速水を庇っているのではないのか???

司法解剖に立ち合う白鳥は、寺内に身に妙なモノを見つける。。。
一方、田口は、寺内の住んでいた家を訪れ。。。。。

そのころ、救命患者の処置をする速水の身に。。。。


敬称略



ココ数回で、急激に“医療サスペンス”のようになった今作。

今回は、解決編ですね。


なぜ、寺内は殺されたのか?
犯人は、誰なのか?

白鳥&田口は、調査しているウチに、ある事実にたどり着く。

っていう感じだ。


なんて言うか、寺内が孫と会ったことで
すべてが変わった感じのお話ですね


未来のため。。。
自分が犯してしまった“罪”を悔いて、行動を起こそうとした。

。。。ちょっと切ない感じの結末。

良い感じでメディカル・アソートの佐々木だけでなく、
病院のことも盛り込まれているし、

細かい部分のネタフリも、繋がって効いているし。

サスガに、アリバイなどの取り調べが、
あまりにもアッサリしすぎているため、

ミスリードの役割にもなっていないのだが、、
それでも、サスペンスとしては、悪くはない感じである。

ってか、、いまさら!?
いや、
多少なりとも、盛り上がってきているので、

これはこれで良しとしよう。


どこかで、納得しないと、、、、許容範囲を広げないと、、、、



前回の感想でも少し書いたが、
なぜ、初めから、今回のような事件モノにしなかったんだろう?

確かに、引き延ばしのし過ぎは、“1”は問題だった。
それに、病院で事件ばかり起きるのも、大人の事情もありダメなのだろう。

ただこの手のサスペンスだと思っていたのに、
普通の医療モノであったため、肩すかしの印象だったのも確かで、

本来はやってはダメなのだろうが、

容疑者が病院関係者以外と言う事も含め
そう言った盛り上がりでも良かったと思いますけどね。。。

ま、、いまさらである。


最後にヒトコトだけ。
考えてみれば、、田口。。。。いてもいなくても良い感じだよね。。


これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年06月08日 23時10分52秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.