19065568 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年06月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『月ノホタル』

内容
山奥で1人“月蛍”の研究に没頭する竹内光太郎(松重豊)を女性が訪ねてくる。
別居中の妻・姫子(霧島れいか)だった。
結婚を申し込まれたので離婚がしたいと言う事だった。

待ってくれと言う光太郎に、
幻の生き物だとか、そういうコトより現実を見て欲しいと訴える姫子
そのとき、、、家の外で大きな物音がする。
すると、、、光を発する筍が。。。。。あった。

気味が悪いので、燃やせと言う姫子
だが、そおっとして置こうと、、、光太郎は、観察を始めることに。。

その後、本格的に出ていく順部を進める姫子を、光太郎は引き留めず、
自分の研究に没頭していた。
そんな光太郎に苛立ちを覚える姫子。
だが。。。。。。それでも光太郎は、月蛍に。。。。

敬称略


かなりのファンタジーですね。


初めは同じ道を歩んでいたはずだった夫婦
だが、いつの間にか、現実が見え、ふたりはバラバラになっていく
そんなとき、奇跡が。。。

って感じである。


最終的には、『奇跡』と言えばいいのかが、少し微妙ではあるが
ただ、
その瞬間、わかり合えないようになっていた2人が、わかり合えたのは事実で。

そう考えれば、、、その後も含め考えれば、
ひとつの出会いが生んだ奇跡と言えるのかもしれません。

雰囲気は、良い感じなのである。

だが
全体として、ファンタジー要素が強いのは良いのだが、
どうも、途中で、どちらが主人公なのかが、少し曖昧な感じになっていたのが、

ドラマとしては、奇妙な印象を与えてしまっている。


夫が非現実とすれば、妻は現実となるが
表現として、逃げている印象もあるだけでなく、現実が現実に見えないため
どうも、どちらがどちらなのか曖昧な感じ。

そのうえ、途中で、きっとよりどころになったであろう『子』を入れているが、
これにしても、理解できないことはないが、あまりに唐突。

お互いにもう1歩の気持ちが曖昧であるため、
そこにある展開と答えを曖昧にしてしまっているような気がします。

悪くはないが、
どちらかに偏らせれば良かったんじゃ?







最終更新日  2010年06月10日 22時35分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.