19070661 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ワイドナショー 生… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

麻子退場>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

THIS IS U… はまゆう315さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年06月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『私、恋で人生を捨てる』

内容
家族に黙って姿を消した朋美(黒木瞳)と杉山(高橋克典)
朋美が姿を消し動揺する夫・誠一郎(吹越満)。。。
そこに杉山の妻・佳奈子(須藤理彩)から連絡が入る。駆け落ちをしたのでは?
買い物に出かけていると必死に誤魔化す誠一郎。

一方、大久保(三上博史)は、福島(尾美としのり)から連絡を受け、
指定された食堂にやってくる。だが、、、置き手紙。。。
警察が動いていると。別の場所へ移動を開始する大久保。
すると、、陽子(斉藤由貴)から連絡が。。。。朋美と杉山の駆け落ち。。
誠一郎が大久保宅を訪ねてきているという。
大久保は誠一郎に、覚悟の上だろうと伝えるのだった。

陽子からも
“本気で向き合えない夫婦はねぇ、別れるしかないんですよ”と言われ、
誠一郎“別れるくらいなら、死んでやる”と、、、飛びだしていく。


そのころ、朋美と杉山は、海にいた。
杉山“一緒にいたい”
朋美“私も一緒にいたい。ずっと”
ふたりは、ホテルに入っていき。。。。。。

そして大久保の前に、、ようやく福島と真理子(宮地雅子)が現れたのだが、
警察に取り囲まれ。。。。。。

そんななか、誠一郎は杉山の家を訪ねるのだが、
自分の気づいたかどうか分からない佳奈子が、横を通り過ぎ、
歩道橋を乗り越えようと。。。。


敬称略



それぞれに、覚悟を決める時が来たと言う感じだ。

一線を越えようとした朋美と杉山
福島も、覚悟を決め真実を大久保へ

そして、、、時が迫る大久保に、覚悟する陽子

そんなところだろう。



主人公が多いというか
登場人物が多いため、アレコレと、てんこ盛り。。。というのが正直な印象だ

ただ、
、、、たとえ、1つの結果だったとしても、
福島のこと、大久保のことが
極端なほどにシリアスであるため、

どうしても、、朋美と杉山が、浮いて見えてしまっている。

これがまぁ、
なんと言えば良いんだろう。。

命の危機、社会、国家の危機と同列に扱いすぎている。。。というところか。

たしかに、家族というのは、最小の単位の1つであるし
その部分の物語も、悪くはないし、

1つのオモシロ味を感じているのだが、

やはり、、、差がありすぎてしまって、どうもスッキリしない
テンション、ニオイが違いますからね!

とはいえ、
物語は、ホント、良い感じに描けているんですよね。

それぞれに、かなり盛り上がりを感じてはいるのです。
、う~~~ん。。。。どうしよう。

それこそ、いっそ、、、そう言う一線じゃなく
2時間サスペンスのように、崖に立っているとか(笑)
そんな感じの方が良かったカモね。

良い感じなのになぁ。。。
方向性が違いすぎるモノを組み合わせすぎた感じかな。。。

実際、三上博史さん、尾美としのりさん、吹越満さんの印象しかないからなぁ。。。

とりあえず、次回、最終回。
結末で、この恋バナが妙な雰囲気にならないコトだけを願います。


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年06月10日 22時07分07秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.