19080234 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ New! 俵のねずみさん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2010年06月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『怒りの女王様!!恐怖の報復』

内容
ハガネ(吉瀬美智子)の給食にぞうきんを絞った菊田真理衣(吉田里琴)
“ハガネなんて大嫌い。死ね”
だがハガネは、真理衣の給食にやり返すのだった。
給食を食べきったハガネは、手をつけなかった真理衣に
“自分がやられて困ることは、人にもしないこと”と。。。注意するが、
まったく悪びれず
“存在していること自体が許せない!”と。。。。真理衣。
そのハガネの行為を知った、先崎(設楽統)藤間真理子(清水ミチコ)は、
覚悟した方が良いと。。。。ハガネに告げる。

すると、、、やはり、真理衣の母・涼子(荻野目慶子)が、
ハガネの土下座を要求してくるのだった。
“私は、娘のスタイルを立派だと思っています。
 彼女を認めない価値観を、私は認めない”

親子揃ってあり得ないと、、呆れるハガネ。

数日後、、、学校にハガネに対する誹謗中傷、デタラメばかりのファクスが。
先崎は、3年前にも同じコトがあり教師が潰されたと、涼子の報復だと指摘する。
そして怪文書は、保護者にもばらまかれ始め、騒ぎは大きくなる一方
同僚の教師達も、戸惑い始めるのだが、松山校長(綾田俊樹)が、フォローする。
“そんなに心配なら自分の目で芳賀先生の人となりを確かめたらどうです?
 見るべき目があればの話ですが”と。

そんななか、森野リサ(宮武祭)が万引で捕まる。
駆けつけるハガネと塩田(要潤)
捕まる前に、誰かと一緒にいたらしいのだが、何も話さないリサ。
最近リサと仲良くしている美奈(八木優希)あかり(佐藤日向)から、
リサが、、、、少し前は、真理衣とつるんでいたと知るハガネ。
何らかの方法で、真理衣がリサを脅した可能性を考え始め、
真理衣に注意するのだが、何もしていないと言いきる真理衣。

そんなときハガネは、リサから連絡を受ける
母・紀美子(宮澤美保)が倒れたと。。。。。
リサの家に向かったハガネは、紀美子がアルコール依存症であると知る。。
全ての原因は1年前。。。紀美子もまた、涼子の犠牲者だった。。。。。


敬称略



今回も、、ひと組の親子を中心にしながら、
ふた組の親子、、、そして生徒の心をハガネが、助けたお話だ。

見事でしたね。

確かに
ハガネ“私が思春期だったら、悩んじゃって、
 どうにかなっちゃってるかもしれません
 幸い、いい年なんで、見過ごす余裕はありますけど。
 それに、私が下を向いてると、子供たちを不安にさせちゃうし
 顔上げて、子供たちの笑顔を見てる方が良いですから”

とか
リサ“頑張っているお母さんが好き
 それに、自分で出来る方がカッコイイと思う

と言う事で、1人の生徒のこころを救うのも良い感じだし。


一方で
ハガネ“大丈夫、やけどしなかった?
と、、、シッカリ見ている言葉を告げながら、
子供のことを守ろうとするハガネを表現し

ハガネ“私は教師を辞めないし
 一般庶民の常識もちゃんとテスとしますよ
 ちなみにこのままだったら、真理衣ちゃんの家庭科の点数は最低です
 良い点とりたかったら
 ちゃんと、そういうコトも勉強してくださいね

完全に解決しているわけではないが、
この番組特有のハガネの言葉により爽快さは表現した。

そこに3つ目の物語として、当事者となるハガネというのも、なかなか良い感じ。

3つの物語を見事に融合したお話だったと思います。


真理衣“どうして、ワザとじゃないって言ったの?
ハガネ“そんなの当たり前ジャン。私、教師だもん
  それに、あなたとはちゃんと勝負したいからね。


これだけ、いろいろな物語を、ホント上手く組み合わせていますね。
細かい部分、セリフに至るまで。よく作られています。

個人的に気に入っているのは、
子供たちのやりとりが、“あまり変わっていないこと”

実は、これこそがキャラクターの徹底だと思っています。
そして、この徹底ぶりを子役がシッカリ演じているので、
納得出来る物語が生み出されていると。

このドラマの丁寧なドラマ作りが見える部分ですね。
丁寧さ、、というより、、精密さ。。。に近いカモね。



これまでの感想
Round3 Round2 Round1 









最終更新日  2010年06月12日 01時28分40秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.