000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

ベイツモーテル サ… New! はまゆう315さん

チョコレートパフェ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

『フランケンシュタ… New! くう☆☆さん

ズバリ言うわよ! … New! 鹿児島UFOさん

SPEAK ENGLISH WITH … New! クルマでEco!さん

ばらかもん 15巻 ド… New! みやさとver.さん

春ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

スマホから先に画像… 俵のねずみさん

アイドルと観覧車 YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2010年06月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛の蛍』

内容
幼なじみの亀弥太(音尾琢真)を亡くし、ショックを受ける龍馬(福山雅治)
“新選組”が、池田屋を襲撃したことが原因と知り、
刃を向けようとする龍馬であったが、桂小五郎(谷原章介)に引き留められる。
多くの攘夷派の仲間を失い、龍馬以上のショックを受ける桂は、
薩摩の横暴を許さず、仲間の志を引き継ぎ、
無謀といえど最後まで戦う決意を龍馬に語るのだった。
そして、、、お龍(真木よう子)の家にかくまってもらうことになる龍馬。。。

一方、土佐では、
後藤象二郎(青木崇高)による以蔵(佐藤健)への拷問が続けられていた。
その以蔵の苦しみ声を聞いても、ただただ耐えるしかない半平太(大森南朋)
それは、わずかに希望を抱き、家で待つ妻・冨(奥貫薫)も同じだった。
そんななか、弥太郎(香川照之)が、半平太を説得すべく。。。。。。

そのころ、江戸では、勝麟太郎(武田鉄矢)が、老中の呼び出しを受けていた。
池田屋で死んだ浪士の中に、神戸海軍操練所に所属する者がいたと。


敬称略



要注意!

かなり酷評している感想となっています

不愉快ならば、TBしないで下さい。




かくまってもらっておきながら、
命の危機を感じないのは、性格であるとして。
そんなコト以上に、亀弥太の死を悲しんでいたのは、どこいった?
そう感じるほどに、
お龍の家族に、、、月琴を“楽しく”奏でる龍馬

えっ!?やせ我慢?気を紛らわせている???

あの~~~~
いままでも。
わざわざ、京に行ったり、土佐に行こうとしたりと
本当に“志”があるのかどうか分からない行動をし続けている龍馬ですよ!

“幼なじみ”という。。。、、、“大志”とは到底思えない“私の”気持ちで、
いや、、そのあとの向かっていこうとする部分なんて、、“私怨”である。

そうやって
いままで、何度となく、行動してきたんでしょ?

ヘタレ?いや、、、人情家?
何も考えず、行動するバカ?

そんな風に描いておきながら、“楽しく奏でる龍馬”というのは、
。。。。それ、、、良いのか???

私は、龍馬というキャラが、どういうキャラで描かれようが気にしていない。

正直、英雄だろうが、ヘタレだろうが、
大人の都合で、足の軽い、、いや尻軽男だろうが、、、そんなのどうでも良い。

結末は分かっているので、“必ず英雄になる”のである。
もちろん。それを、英雄譚と感じるかどうかは別であるが。。。。。

だが、
いきなり、直前に表現されていたキャラが、
ひっくり返るようなキャラ表現と、行動をするのはどうであろう?

そのうえ、直前の出来事を忘れたかのような、お龍とのぷち自己紹介エピ。(お見合い?)

お龍のことを龍馬が知るためと言う事なのだろうが、
なんだか、ワケのわからない、、、いきなりのキャラ紹介エピソードである!

たとえ、お龍のことを分かるためのこと、お話であるとは言え
他の雰囲気を壊すようなKYな行動と雰囲気。。
私。。。バカにされたような気になっています。

それ、、やっていること絶対に違うと思います。


その一方で、
自らの志を、、、最後まで貫こうとした亀弥太や、
最期の時を待ちながら、最後まで意志を貫こうとする半平太。
本当の意味で人情家に見える、、、弥太郎の行動。


正直なところ。

明らかに、龍馬のどうでも良いエピソードなんかよりも、
土佐の“本当の志士”たちの気持ちや行動の方が、

よっぽど納得出来るし、心が打たれます。
それは、
言づてを持ってくる男にしてもそうである。

彼もまた、、行動からすれば、藩にとって裏切りであり
命が懸かった、、、行動である。

“言づて”の内容だけでなく、良いお話だ。



こんな状態で、
亀弥太の亡骸がどうとかこうとか。言う龍馬。

ハッキリ言ってあげます。

今回のお話だけを見て、、、

龍馬には、そういうコトを言う資格はないと思います


もう正直。

“坂本龍馬”というイメージや幻想などにより、
あれこれと、無駄なエピソードを入れるのは、

辞めてもらいたい!


今回のお話。
龍馬登場シーンだけを全て削除すれば、

半平太が、あまり登場しないのに
半平太の行動、心が前面に押し出され

かなり良いお話になっています。
もちろん、夫婦愛も感じるのは言うまでもありません




いままで、ワザと書きませんでしたが、
主人公だとはいえ、
そこまでして、龍馬を登場させる必要ないと思います!!

それでも、龍馬を登場させたいならば、
それなりのこと”をして下さい。



ほんと、、、武市夫妻が良いお話だっただけに、、
そして、それと対比するかのような弥太郎夫妻の幸せな描き方。

対比するとはこう言うことであり、
この2つの表現、、、まさに、“明と暗”、、ホント良いお話


この良いお話を
まるで潰そうとするかのような行為。。。。辞めて下さい。




にしても、、
ほとんど登場しなかった亀弥太の死で、“無駄にせんき”という龍馬。
あんた、、、収二郎のときに、もっと言ってやりなよ!!
だって、好きだった女の兄でもあったんでしょ?

意味分からん。


これまでの感想

第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/222740/21669990






最終更新日  2010年06月13日 21時38分48秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.