19081298 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ New! 俵のねずみさん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2010年06月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『寺田屋の母』

内容
京から神戸へと帰る途中の龍馬(福山雅治)は、
伏見の寺田屋という船宿で、
亡き母・幸にうりふたつの女性。寺田屋の女将・お登勢(草刈民代)と出会う。
思わず泊まることになってしまう。。。
母のワケがないのは分かりながらも、龍馬はいろいろとお登勢に尋ねてしまう。
“わしの母上にそっくりながじゃ”
そして神戸の海軍操練所のことなどを話し始める龍馬を見て、
お登勢は勇気づけるのだった。。

神戸に戻り、再び仲間たちと訓練を始めた龍馬であったが
同じ頃、時代は再び動こうとしていた。
京を追われた久坂玄瑞(やべきょうすけ)ら長州の兵士たちが、
再起をかけ京へと攻め上ったのだった。
それに応じる一橋慶喜(田中哲司)ら幕府軍と会津軍
そして幕府側に加勢する、、薩摩勢。
その瞬間、、、一気に形勢は逆転し、久坂は自刃する。

戦の知らせを聞きいた龍馬は、お龍(真木よう子)を心配し京へ。
すでに戦火により焼け出された状態のお龍の家族を見た龍馬は、
寺田屋のお登勢を訪ね、説得。
お龍たちの面倒を見てもらうことに成功するのだった。

そんななか、一橋慶喜は動き出す。
朝廷から長州征伐の勅命を受けた慶喜は、長州へ軍を向けることを決断する。
その方針に対し意見した勝麟太郎(武田鉄矢)は、軍艦奉行を解任。
蟄居謹慎処分を受けた上で、海軍操練所は閉鎖と決まる。

同じ頃、後藤象二郎(青木崇高)の以蔵(佐藤健)への拷問は激しさを増し、
苦しむ半平太(大森南朋)。。。そして、弥太郎(香川照之)
以蔵の様子を見て苦悩する弥太郎は、半平太の説得に訪れるが。。。。。


敬称略


今回の旅

京の中心部から、伏見へ、、その後、神戸へ戻り
再び京の中心部へ、またまた伏見へ行き、、、神戸へ舞い戻る。
操練所閉鎖のあとは、伏見へ
そして、またまた、、、、神戸へ

大忙しの坂本龍馬である(苦笑)





毎回、書きたくなってくるような“ネタ”ですね。
ほんと、、バカバカしい。。。。

別にね。

このあとのことがあるから、

たとえば
お登勢を、くどいている感じの龍馬であったり
一瞬、、、、やはりマザコン?と感じさせたり。。
と言うのも、、、この奇伝“龍馬伝”だから、別に良いことです。

それにね、お龍のことも、気にしないことにします。

桂小五郎と、、偶然出会ったりするのも無視。

それ以外も、
お登勢、、、いや、草刈民代さんのイントネーションと
お龍。。。。真木よう子さんのイントネーションに、、、

たとえ、耳障りなほどの、、大きな“落差”があっても
それは“才能”というのがあるので、気にしません。
(ちなみに、発音の才能と、演技の才能は違うモノです)

そうでなくても、
内容なんて、有って無いような内容だった今回なのに。


ここまで、行ったり来たりする“龍馬の旅”は、本当に良いのか???



サスガに今回は、酷すぎます。

あえて書かせてもらいます。

今作の坂本龍馬は、
女ったらしで、志のない、、まるで忍者のように走り回る男


そう言う印象で良いですかね???スタッフさん!

もうひとつ、、、走り回りすぎているの、不自然と思いませんか???


これまでの感想


第24回 第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/222740/21688460






最終更新日  2010年06月20日 21時48分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.