19973766 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

コーヒー&バニラ … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

THE TELLOW MONKEY L… New! クルマでEco!さん

秋ドラマ最終回予定… New! ショコラ425さん

離しません>『スカ… New! ひじゅにさん

今日の収穫(ブルー… BROOKさん

その2)映画「蘇生2… 鹿児島UFOさん

おすすめいくつか 俵のねずみさん

ONE TEAM YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2010年06月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『ずっと愛してる』

内容
継美(芦田愛菜)からの電話を受ける奈緒(松雪泰子)
“もう一回、誘拐して”
言葉をかけようとした奈緒であったが、、、電話は切れてしまう。

一方、主治医の柚川(市川実和子)から
母・葉菜(田中裕子)が、あとわずかの命と知った奈緒は。。。
“家に、、、帰ろうか。。。。”

そして家に帰った葉菜。。。と、奈緒。
するとその目の前に、突然、継美が現れる。
どうしても、会いたくて、室蘭からひとりでやってきたという。

どうして良いか分からず駿輔(山本耕史)に相談する奈緒。
ごまかせても一日程度と駿輔は注意する。
すると、、、明日には送っていくという奈緒。
やがて籐子(高畑淳子)だけでなく、
芽衣(酒井若菜)果歩(倉科カナ)耕平(川村陽介)もやってきて。。。

敬称略



“お母さんの顔。..思い出した。..”



特に、、何かあったような感じでもなく。

いろいろとネタを登場させてきましたので、
ほとんどすべてに決着を付けた。

ただ、それだけである。


言ってみれば、エピローグ


長~~~~いセリフも、ココまでくれば
感動かどうかよりも、“ただ長いだけ”である。

淡々と、、と言う言葉は適切ではないが、
そう言った印象を受けるほど、“作られすぎているセリフ”

そんなところだ。


しっかしまぁ、、いつだったかも描いたけど。
ネタがてんこ盛りだよね。。ほんと。それも、奇をてらうかのような。。。

正直なところ、
実母と再会するだけで十分ドラマになるというのに
わざわざ、誘拐事件。

母と子を重ねてる?

確かにそうでしょうが、無くてもないモノを入れても
結局、ネタが多すぎて、描き込みが薄くなりがちで、それ以上にはなり得ない。

そんな印象が強い。


感動?
そらそうだろう。。。子ども使ってるし、、、死人まで出たし。。。当たり前。

でも、それ以上の描き込みにはなっていない。

たとえば、今回だって、
奈緒、葉菜、継美で絡めるだけで十分なのに
バラバラで2つの物語にしている。

言ってみれば、
小ネタを並べ立てているだけである。

もっと絞り込めば、
本当の意味で感動になったでしょうに。。。。
記者のこと、妹のこと、、、なんて、必要性なし。
誘拐も含め、散漫状態だったのは言うまでもない。

先ほども描いたが、誘拐削除、虐待削除して
実母と再会で十分である。

ま、、、昨年の大河でブレークした子役の子みたいに、
子役を使って、なんとなく良い感じ!

その程度のことだ。



あ。。。最後に一応描いておきますが、
感動的なところは、それなりに感動していますが、
ここまで散漫だと、感動はあってもドラマの納得感は少ないです。


もうヒトコト。。

念のため描いておきますが、
人が受ける印象は、人それぞれですので!

人が受ける印象を否定することは、
自分自身を否定しているのと同じコトですので!







最終更新日  2010年06月23日 23時33分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.