19062735 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年06月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『ララバイ』

内容
ある日のこと、坂上花絵(徳永えり)は、
福田藍堂(蕨野友也)という青年と出会う。
小さくなり、コソコソとして生きてきた花絵にとって、初めての“カレシ”
でも、どうしても、、、、普通に明るくなれない。。。ある事を隠しているから。

そして、、ついに、その日は来てしまう。
福田の知人・柚木ミズホ(柳沢なな)と男性(中山優貴)のデートに出くわし
花絵は、からかわれてばかり。。。。
こんな私だから。。。。。逃げ帰る花絵。
福田は花絵の家へと。。。。。。


敬称略


誰にも言えない、ある秘密を抱える女性。
人の目を気にして生きてきた。

そんなとき、、1人の男性と出会う。。。。
でも、、、、、


ってところですね

『こんな私でも好きでいてくれますか』


最終的なファンタジーな部分を除けば、
ある意味ベタな物語だ。

良い雰囲気を漂わせているし、
心情も丁寧に描かれているのだが、

すこし、、、ネタバレが遅すぎた感じでしょうか。


なんていうか、、、


きっと、、、『そうなる』想定が出来ていても
見ていると、、、、、どうしても、、

そこまで、なぜ引き延ばしている?
なぜ??なぜ??

そんな印象になってしまっていたような気がします。

それこそ、逆ギレするなど、
主人公の中になるモノを表現する手段はあったんだろうが、

悩みを前面に押し出しすぎていたような感じだ。

悪くはない。。
でも、もう少し、何かがあれば。。。。男でも良いから。。。

惹かれあうモノが『それ』しか無くても、
出会いからの展開が唐突だったのだから、何かあればねえ。。。

っていう感じですね。

良い雰囲気だっただけに、ちょっともったいないかな。


ドラマ全体を見て。
スタッフの違いがあるため、
すこしネタだけでなく、演出などにばらつきはあったが

結構、良い感じの雰囲気は、
最初から、最後まで漂わせることには成功していたと思います

明らかに、、低予算なのも、アイデア勝負していたのも分かりますし。

アイデアさえあれば、なんとかなる。。
そう印象づけてくれたのも、良いことです。

人気者、金のばらまきなどに頼りすぎている昨今ドラマは、
こういった作品から、何かを学んで欲しいモノである。


ただまぁ、やはり、苦言もヒトコト。
オシイと思われる作品が、、いくつもあったのが。。。ちょっとね。
悪くはないが、、物足りない感じ。。。そこだけが、マイナスかな。
究極的には、そこさえも『雰囲気』と考えれば、okなのだろうけどね。



これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年06月24日 19時52分53秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.