20529999 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

SCANDAL  第9話 New! はまゆう315さん

開幕ローテ予想承り… New! YOSHIYU機さん

隠し味>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

映画「AI崩壊」の感… 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2010年06月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『悲しい過去が甦る…生徒失踪!!』

内容
交通事故で賀茂和音(今井悠貴)の母・諒子(高橋由美子)が亡くなった。
助けられなかったことにショックを受けるハガネ(吉瀬美智子)
やがて、仙台にいる和音の伯父、諒子の兄・野元賢一(菅原大吉)が学校を訪れ、
和音を引き取ることになったと、ハガネや松山校長(綾田俊樹)に告げる。
そして、妹・諒子のことでハガネに感謝を伝えるのだった。
そのまま、学校を出て行ってしまう和音。
それを見つけたクラスメートたちは、和音を心配し、、そして笑顔で見送る。。。
温かい別れに涙するハガネ。

そんななか、塩田(要潤)に対し、怒りをぶつける西堀マナ(有村架純)。
中野愛梨(大橋のぞみ)の母であり、
恋愛小説家の中野エリ(横山めぐみ)との熱愛がスクープされたのだ。
相談に乗っていたという塩田であったが、
ハガネとのことがあるのに。。。。御曹司であることも黙っていたと訴えるマナ
戸惑うハガネは。。。当分、塩田と学校以外で会わないことを決める。

が。。。翌日には、マスコミが学校に押しかけ、、、大騒ぎに!!

そのうえ、真理衣(吉田里琴)が中心になり、
佐野亜弥美(佐々木麻緒)高田百合(恒松祐理)たちが、愛梨に対しイジメを。。
愛梨に対し負い目があるれもん(柴田杏花)が、愛梨を庇うと、
いじめは、れもんにまで向けられるのだった。

翌日。愛梨が学校を無断欠席。
心配したハガネが愛梨の家を訪ねると、、、高熱で寝込んでいた。
ハガネが看病し、、、なんとか、落ち着きを取り戻す愛梨。
母・エリが仕事でホテルに缶詰状態のため、伝えていないという。。。
そこにエリが帰宅し、、、ハガネは、塩田のこともあり怒りをぶつけてしまう。

“親として無責任です!”

だが、まったく意に会さないエリに、部屋を追い出されてしまうハガネ。


数日後、松山校長から、塩田が退職することがハガネたちに伝えられる。

塩田がいなくなると、、ショックを受けるハガネ。
そんなとき、、、事件が発生する。
愛梨が消えたと、れもんから連絡が。。。。まさか。。。。。。。

敬称略



自分がいるから。。。お母さんが泣いている。。。

母と子のすれちがいは、
子の悲劇的な行動を引き起こしてしまう。

失踪。。。。

ハガネは、、、、
“わたしのせいだ。
 私が、愛梨の異変に気づけなかったから。。。。

助けることの出来なかった親友。
自分のせいで命を絶ってしまった親友。。。。


ま、、、そんなところかな。


お話自体は、
今まで描いて来た“親子ネタ”のなかでは、
重みのある事件ではあるが、、ちょっとアッサリ目ですね。

確かに、母の気持ち、子どもの気持ちが丁寧に描かれているし、
そのこと自体には不満はない。

ただ、やはり、
いままでの“ネタ”が。。。重すぎるんですよね。。。。。

比較する必要はないが、
命を絶ちかけるという重い事件なのに、どうしても、軽く見えてしまう。。

そのうえ、困ったことに、
今回、、、ハガネの過去を重ねてきた。

過去を重ねること自体はドラマとして良いことなのだが
あまりにも重すぎる過去のため、、、ふたたび、メインが軽めに(苦笑)

そして、
そんな重いドラマに、もっと困ったモノがあるのは、
ハガネと塩田の恋バナを、
メインの事件の母と重ねて、持ってきてしまったことだ。

この瞬間。
エリ、塩田を絡めた恋バナをやりたかったのか?
それとも、、、エリ、愛梨のことをやりたかったのか?

まったく、違う雰囲気のネタが並列するという、
なんか、奇妙な雰囲気のドラマになってしまっています。

2つのネタ。。。決して悪くはないんですけどね。
でも、重ねるネタを間違っていると思います。

いや、正確には、
主人公であるハガネ個人のことを描きすぎた。。

と言う方が適切でしょうか。
そのため、子供たちの苦しみ解決に動いているのではなく、
“自分のため”に行動しているように見えていると言うことですね。

実際、今回のハガネの仕事は、和音の見送りで終わっている感じだしね!


悪くはないのになぁ。。。。
話数の関係もあるのだろうが、

詰め込み過ぎの、重ねすぎで、
ドラマが崩壊しかけているような気がします。


これまでの感想
Round5 Round4 Round3 Round2 Round1 






最終更新日  2010年06月26日 01時37分29秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.