19432087 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

UFO目撃、米海軍つい… New! 鹿児島UFOさん

Dr.コトー診療所20… New! はまゆう315さん

自由>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … クルマでEco!さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年06月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『化恩』

内容
守谷(石井正則)のために、必死になっていたタイヘイ(眞島秀和)
その人を信じる姿に惹かれていたカノン(里久鳴祐果)だったが、
突然、守谷が“現実”に目覚め、タイヘイを裏切ったことで、
ショックを受けるタイヘイ。。。。そして、、、カノン。
ヤケ酒を食らうタイヘイが、ふと、、“オンバケ”の姿をカノンに見せてしまう。
まさかの、、、妖怪!?
驚くカノンであったが、イケチヨ(長澤奈央)の優しい言葉で、
そんなオンバケたちを受け入れる覚悟を決めるのだった。

“みんな、カノンちゃんのことを愛してる”

そんななか、ジュウゾウ(長門裕之)ショウタ(鈴木福)が上京してくる。
同時に、オタキ(柴田理恵)が、“代役”探しに旅立っていく。。。

やがて、イパダダの反応を感じた
トモスケ(山中崇)サワモリ(森豪士)ハシタカ(小川瀬里奈)は、
トウベエとともにイパダダ退治へと赴いていく。。。

いきなりどこかへ行ったことに驚くカノンに、ジュウゾウが説明をする。
イパダダの存在と、オンバケの行動について。。。
とそこに、、、フクマツをカバンに入れた青年・若松(渡部豪太)が現れる。。。

そのころ、イパダダと戦うトモスケ、サワモリ、ハシタカたち。
トウベエが加わったことで、魂式とも互角に渡り合え、
ついに捕縛し、封印を。。。。。。。



敬称略


ヒトコトで言えば、
今までで、、“最も真っ当な特撮モノ”

そんな感じですね。

細かい部分で小ネタも入れられているし、
戦い自体も、悪くはない感じだ。。

その一方で、
オンバケという存在を知ったカノンが、
まるで、、、運命に導かれるかのように

戦いに巻き込まれていく“一端”が見えているのも

なかなか良い部分である。


そう。。。
気にならないところがないわけではないが、

それなりに満足のいくお話だったと思います


カノンの気持ち、そして立場もシッカリ表現されたし
オンバケたちに意味を知ったのも良いことですしね。


ということで、、、、人間、、、登場である。

こういうポジションは、良いですよね。
カノンという存在との対比がし易くなります。


ただ、どうしても気になったこと。。。。トウベエ。。。

“彼”は、今まで、何をしていたんだ??
ジュウゾウの呼びかけに、ようやく駆けつけた?

初めから存在すれば、
肉弾戦になる必要もなく、戦いもスムーズで

もっと特撮としても魅せることができたでしょうに。。。。

それこそ、オンバケ、、ひとりひとりに、、同じような“武具”があっても
良いくらいだと思います。



それにしても、、後半になってからとはね。。。。







最終更新日  2010年06月30日 22時01分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.