21368880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

く(苦?)>『エー… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

半沢直樹エピソード… New! はまゆう315さん

横山剛 しなやかにう… 鹿児島UFOさん

F クルマでEco!さん

東京都知事選、小池… ショコラ425さん

熊本に捧げる勝利 YOSHIYU機さん

蚊を呼んでやっつけ… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2010年07月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『女の子の育て方…妊娠騒動勃発!その時、母は?』
“女の子の育て方

内容
悠里(天海祐希)は、長女・晶(武井咲)とともに雑誌用取材とグラビア撮影。
イケメンカメラマン宇津木洋介(綾野剛)の存在に
秘書のリカ(長澤まさみ)は、心配するが、、、悠里は、何も思っていないよう。
“女の子が持って欲しい正義感は、愛だけをまっすぐに見つめること”

そんななか、悠里の元を、
長男・洸(松坂桃李)の元恋人・椎名涼子(波瑠)が訪ねてくる。
妊娠しているという涼子。
それに応えて、、、“おめでとう”という悠里。
そのことを洸、丈治(反町隆史)に話をすると、、、中絶させるという洸。
丈治も、洸がまだ学生であると、、、洸の意見に賛成する。
だが悠里は、逃れられない責任があると、
“早乙女のDNA”を持つ子供の味方をすると断言するのだった。

そのころ、別居中の父・辰也(寺島進)のもとに身を寄せる次男・廉(矢野聖人)
2人に早乙女家であったことを話をするリカは、思わぬ事を聞かされる。
亡き兄のためゴールドに取り憑かれている悠里にとりつく島はないと。

直後、辰也は、悠里を呼び出し、廉を早乙女家に戻してやって欲しいと説得する。
ただし自由を尊重してやって欲しいと。
が逆に、上手く乗せてやる気を出させて欲しいと辰也は言われてしまうのだった。

やがて、丈治からの報告通り、涼子の父・哲夫(平田満)が涼子とともに
悠里の元を訪ねてくる。
中絶させることにしたと言い、慰謝料を請求すると言い始め。。。。。。

敬称略




悠里とリカの“小芝居”は、、、、、要るのか??
なんか、この部分だけ、
悠里の考え方を前に押し出して、“ネタ”をやっているだけで、
ほとんど、子供たちのことと、、、かい離しているような気がするのだが。。。
もちろん、悠里という人間を表現している。。。といえば、それまでだが。

えっと、、、、それも含めて、“子育て”を表現するドラマなんですよね?
違うのかな。。。。
雰囲気の違う、妙に“笑わせてやろうというシュールな小芝居”が長すぎて、
別のドラマの印象になり、浮いた感じに見えてしまっている。

そんなに、ネタをやりたいなら、
そればかりで良いんじゃ???



とりあえず。物語は、、、

洸の元恋人が、“妊娠した”と悠里の前に現れた!!
悠里は感じ取った印象と、“情報屋”の丈治から得た情報で、
元恋人親子を撃破!
ただし。。。。。。


なんて、、、感じで良いのかな?(苦笑)


正直なところ。
面白いかどうかで言えば、微妙なんですけどね。

物語として、悠里の信念を表現し、
色々と解決しようとしている姿は描いているし、
特に、子供たちのために。。。。。
と言う感じで、
悠里とリカを使った、少し変わった人情モノになっているのは分かるが、

なんていうか、、、、“小芝居”が長く、
セリフが、ただただ長く。。。。

見ていると、オモシロ味を感じる前に、疲れるという印象に。。。。。

たしかに、1つの論理として、間違ってはいないとは思いますが
本気でその部分を表現したいならば、
ここまでの長ゼリフや小芝居って、必要ないわけである。

そう、この感じからすると、
明らかに、そういう“ネタ”や“演出”としたい。。。ということだ。

となってくると、
話を聞いて、理解する必要性もなくなってくる。

見れば見るほど、
どちらを表現したいのかが、分からないんですよね。

“ネタ”なのか?
それとも、、、そこに描かれている“論理”なのか?


クドイ長ゼリフも含めて、ドラマとしての面白さはあるが、
単純に、ドラマにオモシロ味を感じないという、、、妙な印象


まぁ、
細かい部分での論理が破綻しているのは、、、内緒と言う事で。
前に言ったことと、次ぎに言ったことを、照らし合わせるなどをした時
どうしても真逆のことを言っている部分がチラホラ。。。

個人的に、最も理解を超えた部分があるのは、
そこにある“論理”などよりも、
悠里自身の“ホントの気持ち”がどこにあるのかが見えにくいということ。
実際、今まで表現されたのは、他の人からの視点であり、
彼女自身の気持ちが表現されている部分は、ほとんど無い。
理論、論理が、気持ちとは限りませんし。。。。。。


う~~~ん。。。。
この印象だと、“右肩下がり”となっていきそうな。。。。


これまでの感想
第1話 









最終更新日  2010年07月15日 23時21分17秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.