19049124 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

傑作はまだ  瀬尾… New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

2017年限定発売「SUB… New! クルマでEco!さん

ナッツと饅頭>『な… New! ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2010年07月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『地下鉄争奪戦』
“地下鉄争奪戦~巨大プロジェクト受注に社運を懸けろ

内容
怪文書、再びの入札失敗。
尾形常務(陣内孝則)のもとには、
“一谷を潰そうとしている連中がいる”という謎の電話。
明らかに、一谷組が狙われていた。
それでも地下鉄工事を必ずとるよう松田社長(笹野高史)に厳命される尾形。

そんななか尾形は、営業一課にいる国交省OB竹下庄一(秋野太作)から、
妙な噂が飛び回っていると知る。
国交省が、ゼネコンの業界再編を行おうとしていると。

その話を松田社長に報告する尾形は、思わぬ答えを聞くことに。
先ほどまで松田は、吉川良哉専務(矢島健一)とともに白水銀行に融資の件で赴いていた。。
が、、、頭取に居留守を使われ、
担当者・園田俊一(宅間孝行)からは融資が出来ない旨を伝えられていた。
その帰り、なぜか、吉川専務から真屋建設に誘われた松田。
そこには迫水社長(石田太郎)だけでなく、
先ほどの白水銀行の担当者に吉田久次頭取まで現れ、
真屋建設との合併を打診されたという。

明らかに揺さぶられている一谷組。
尾形は、先手を打つため、、談合からの離脱で揺さぶりをかける。
すると首謀者の“ボス”山関組の和泉(金田明夫)と接近する機会を得る。
そこには、情報を流してくれた真屋建設営業部長・長岡(志賀廣太郎)もいた。
集まった“談合組”に、尾形は真相を暴露する。
和泉が、業界のためと言いながら政治家と結託していたと。
動揺する談合に加わっていた面々。。。。
尾形は、仕切り役を和泉から変更することで、談合を続けていくことを提案。
傘下の業者の委任状もあり、逆に、追い詰められる和泉。
ここぞとばかりに、尾形が仕切り役に立候補するが、猛反対する和泉。
と、、、、真屋建設の長岡が立候補し、新たな仕切り役と決定される。

“結束して、手を携えて、全ての会社が共存していく。”

やがて、地下鉄工事で、各社の談合担当者が集まるが、
お互いにけん制し合い、まったくまとまらない状態。
山関の和泉は、仕切り役の長岡さえ信用せず。。。。
そこで尾形は、ある提案を。。。。。。。

一方で、富島(小池徹平)は、母・八重子(松田美由紀)から
思わぬ事実を知らされていた。。。。


敬称略

↑ワザとじゃないのですが。
主人公の平太。。。。いてもいなくても良い状態なんですけど!!(苦笑)



物語は、

一谷組に業界再編の嵐が!!
そこに隠された陰謀。。。。
尾形常務は、首謀者の“ボス”和泉を問い詰め、談合組に暴露!
“ボス”の変更もあり、、、ようやく。。。。。。


って感じである。

いや~
まさかの展開ですよね。

一谷つぶしのために仕組まれた陰謀。
一谷組への陰謀をナントカ阻止しようと、、、、
結局、談合になっているというのも、このドラマの面白い部分かもしれません。

それぞれの思惑がぶつかり合っている部分なんて、
この2回で表現されてきた“談合”と、まったく違う雰囲気で

ほんと、ドロドロと。。。。。
仕切り役の手段も、未来を見据えて“談合”させるなど、、、

なんか、、なるほど、、と感じるばかりである。


そうなのだ。
一度の入札などで決まっているのではなく、
全てがトータルで決まり、共存共栄を目指す。
それこそが、、、談合なんだなぁ。。。と

見ていて、あらためて感じられたお話だったと思います

もちろん、悪いことは悪いことなんですけどね。

でも、ドラマとして、どの方向に進むのか?
ということも含めて、
物語の今回である“談合”というものを、どれだけ表現できるか?
も、このドラマの重要な部分であり、

人間関係のぶつかり合いがあるからこそ、
ドラマのオモシロ味を感じる部分であると言う事だ。

正直。“スゴイ!”としか、言いようがない状態である。


それにしても、どこに進んでいるんだろう。。。。




ただし。平太ですよね。恋人の萌との関係。。。。
何回か、盛り込まれていたが、
平太自身が“気にしない”スタンスに変わりつつあるため、
ほとんど無意味な状態に見えていますよね。

何か、あるのかな。。。
談合を超える、何か?


これまでの感想

第2回 第1回 






最終更新日  2010年07月16日 23時15分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.